• TOP
  • 国内
  • テレ朝「セクハラ調査」 会社が本気出したら処分者大量か

国内

2018.06.12 07:00  週刊ポスト

テレ朝「セクハラ調査」 会社が本気出したら処分者大量か

◆「俺は大丈夫だよな?」

 被害を相談したかどうかという問いに対しては、〈相談できずに我慢した〉という回答が大半。被害を相談しても、〈昔は普通のことだった〉とあしらわれてしまったケースも載っている。

「ハラスメントゼロの環境にするには」という項目には、こんな意見が寄せられていた。

〈社内においても社会においてもハラスメントをする人は限定されているが、加害者はずっとハラスメントをし続けるので、そうした人をきちんと罰するような規程(ママ)を作ってほしい〉

〈「何でもハラスメントだと騒ぎすぎ」や「これぐらいも我慢できなければ仕事を任せられない」という考え方がいまだに蔓延しています。ますます世間と意識の差が広がっていることに気付かない“業界人”の傲慢さを徹底的に変える必要があると思います〉

 やはりここでも“社内セクハラゼロ”を求めている様子が窺える。

 この労働組合によるアンケート調査報告が社内で公となった翌日の5月18日、テレ朝では労使協議会が開かれた。

関連記事

トピックス