• TOP
  • 芸能
  • 映画初共演の長瀬とD.フジオカ、メタリカ好きで意気投合

芸能

2018.06.15 16:00  女性セブン

映画初共演の長瀬とD.フジオカ、メタリカ好きで意気投合

映画『空飛ぶタイヤ』で共演の長瀬とD.フジオカが語り合う(公式HPより)

 池井戸潤氏の小説を初めて映画化した『空飛ぶタイヤ』が6月15日に公開された。運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)は、脱輪事故の原因として整備不良を疑われる。しかし車両の構造に疑問を抱き、製造元のホープ自動車に再調査を要求。

 対応した沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、社内調査を進めるうちに隠されていた真実に気づくが──。今作品で初共演となった長瀬智也(39才)とディーン・フジオカ(37才)がお互いについて語った。

長瀬:お互いの魅力について話したら、止まらないですよ(笑い)。

ディーン:本当に(笑い)。

長瀬:まず同年代というのが大きかった。バックボーンは違うけれど、同年代というだけでぐっと近く感じるし。

ディーン:たしかに。メタリカ好きとかね。

長瀬:そう! 音楽の話も合うし、最初から溶け込みやすさがあった。正直、自分のことを話している余裕はないから、お互いの人間性はわからないところから芝居をしていくんだけど。話し合わなくても、芝居の中で相手の考えていることがわかる瞬間があったんですよ。たとえば、“ここのセリフ、ちょっと間を取るから…”とか話さなくても自然とわかるみたいな。

ディーン:たしかに、そういう話はしなくてもわかるというのはありましたね。

長瀬:そう。言葉にしなくても思っていることがわかるというのは、たくさんある出会いの中でも、なかなかないことだから。純粋にうれしかった!

ディーン:こちらこそです。ぼくだけが知っている長瀬さんの魅力が、あるんですけど。スプレーで髪を固めるときに、液が顔にかからないようにフェイスガードをつけるじゃないですか。長瀬さんがスプレーでシューッて吹きかけてからガードをつけるのを見てしまって、お茶目な人だなと(笑い)。

長瀬:スプレーの霧から、どう逃げるか挑戦してたの(笑い)。ディーンくんは、カラオケボックスをメイクルームに使ったときに、ガンガン歌いまくったんだよね。最高だな!と。一見、そんなキャラに見えないのに、そうじゃないところが、本当の“おディーン”の姿なんだよね(笑い)。

──もしも2人でセッションをするなら、どんな曲がいい?

長瀬:昔、番組の企画でいっしょに演奏したことがあるんだけど、セッションよりもいっしょに曲を作ってみたいな。

ディーン:それは面白そうですね。

長瀬:ディーンくんも、音楽のことすごく好きだし。

ディーン:そうですね。お互いにアイディアを出し合いながら。

長瀬:そうそう。こんなのいいね…という感じで、作ったら楽しいだろうし、いい曲ができそう。

※女性セブン2018年6月28日号

関連記事

トピックス