• TOP
  • 国内
  • 紀州のドン・ファンしか触れない「金庫の中身」がカラだった

国内

2018.06.24 16:00  週刊ポスト

紀州のドン・ファンしか触れない「金庫の中身」がカラだった

 野崎氏の死因は急性覚醒剤中毒であり、県警は、金庫内に覚醒剤やその入手ルートに繋がる物証が残っているかもしれないと考えたと見られる。

 一方、資産50億円といわれる野崎氏の金庫となれば、多額の現金や貴金属類が入っていると社員たちも想像していたようだ。

「数年前までは、社長に指示されていた特定の社員が金庫室に現金を運んでいるようでした。現金は大きな鞄に詰め込まれていたので、かなりの額だったと思います」(同前)

 だが、捜査員が金庫を開けると──。

「中はカラッポで、事件解明に繋がる証拠はおろか1円も入っていなかった。鞄はありましたが、それも中はカラ。立ち会った番頭格の社員も唖然としていました。警察から“最後にここを開けたのはいつか”と聞かれたそうですが、番頭格もめったに入れない場所ですから、記憶が定かではない。警察は他の社員にも問い質しましたが、誰も知りません。社員たちは、金庫に金がまったく入っていなかったことに衝撃を受けていたほどですから」(同前)

 野崎氏は、現金を手元に置いておく人間として知られていた。

 2016年に、交際していた女性に6000万円相当の金品を持ち逃げされたときも、野崎宅の居間に置かれていたバッグには現金数百万円が入っており、クローゼットの中には2000万円ほどの札束があったことが明らかになっている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス