• TOP
  • ライフ
  • 【川本三郎氏書評】死など笑い飛ばすおばさんたちの冒険譚

ライフ

2018.07.15 07:00  週刊ポスト

【川本三郎氏書評】死など笑い飛ばすおばさんたちの冒険譚

『冬将軍が来た夏』/甘耀明(カンヤオミン)・著 白水紀子・訳

【書評】『冬将軍が来た夏』/甘耀明(カンヤオミン)・著 白水紀子・訳/白水社/2400円+税
【評者】川本三郎(評論家)

 2016年に出版された長編小説『鬼殺し』の奔放自在な想像力で読者を驚嘆させた台湾の現代作家、甘耀明が、またまた奇想天外で愉快な物語で驚かせてくれる。平たく言えば、おばさんたちの大冒険。「私がレイプされる三日前、死んだ祖母が私のところに戻ってきた」。意表を突く一文から冒険物語は始まる。

「私」は幼稚園の先生。ある時食事会で酒を飲んで酔払ったところを園長の馬鹿息子にレイプされる。死んだと思っていた祖母がその様子を見ていた。祖母は傷ついた孫娘を自分の仲間たちのところに連れてゆく。祖母は五人のおばさんと共同生活をしている。おばさんたちはそれぞれにつらい過去を持ち、互いに助け合って生きている。

 と書くと深刻な社会派小説と思われるが、そうではない。甘耀明は『鬼殺し』がそうだったように社会や政治を語る言葉ではなく、寓話や民話、さらには痛快なホラ話の言葉で物語を進めてゆく。

 祖母は末期の肺癌にかかりながら元気一杯。共同体のリーダーとなって町の清掃に取り組み、独居老人の死の手助けをする。町のやくざと渡り合う。おまけに、六十歳を過ぎて、仲間のおばさんと愛し合い、結婚する。祖母はまた、身体を小さく折り畳む術を心得ていてトランクのなかに隠れることが出来る。

関連記事

トピックス