芸能

韓国のTWICEになぜ日本の女子は夢中になったのか

日本市場でも予見された成功(Top Photo/時事通信フォト)

 日本の中高生や大学生など若い女の子たちは今、とにかくK-POPのガールズグループが好きらしい。というふんわりした噂をきいて気にはなるものの、どこが好きなのか聞くに聞けない。そんな奥ゆかしい大人のために、K-POPのガールズグループ(GG)のディープなウォッチャーでもあるライターのまつど☆たまきが、日本の女子中高生はなぜTWICEの「TTダンス」に夢中なのかについて、やさしく解説する。

 * * *
 年々華やいでいく十代の娘さんの成長を、ときに気を揉み、ときに目を細めて見守るのは、21世紀の過保護な親世代の密かな楽しみでありましょう。そんな彼女たちが愛して止まない、韓国K-POPアイドルグループ「TWICE」をご存知でしょうか。

 そういえばとCMで懐かしの故・西城秀樹さん(R.I.P)の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』をキラキラ衣装でカバーしている9人組の少女を思い出す方もあるかもしれませんね。なかなかGJです。でも油断は禁物。「ああ、アレAKBじゃないんだ」なんて口走ろうものなら、愛する娘さんたちはあっという間にソッポを向き、次のお誕生日プレゼントのおねだりまで口を聞いてもらえなくなります。すっかり世のヒット曲にも疎くなった皆さんが愛される親の座を死守できるよう、今やJK、JCたちの憧れの的となったTWICEについて5分(?)で理解できるようサクッと紹介してまいりたいと思います。

 おそらく大半の皆さんがTWICEの名前を知ったのは、昨年末のNHK紅白歌合戦出場あたりが初めてだったのではないでしょうか。あそこで披露された目の下に両手の人差し指と親指でT字を作って絵文字の涙目風に揺らす「TTポーズ」は、彼女たちの最大のヒット曲『TT』のキメのポーズです(ココ大事)。

 TWICE世代の少女たちにとって、スクールカースト上位間違い無しのイケてる彼女たちがプッシュする、インスタ映えするカワイイ決めポーズや、最新ファッションは当然憧れの的。『TT』はハイティーンのちょっと背伸びした恋心を、キュートに歌い上げるキラキラでドリーミーな曲であり、子供の頃から馴染んだネットジャーゴンを織り交ぜることで、強烈に「自分たちの世代のモデル」であることを主張してきます。

 これまでの日本のアイドルはどちらかと言えば男性ファンの愛着の対象であり、その視線は常に”推し”を応援してくれるファンへの感謝に振り向けられてきました。いわばそれはリアル版の「アイドルマスター」(※プレイヤーがプロデューサーになりアイドルを育てるゲーム)の世界であり、「私達」十代の少女はその視野にありませんでした。

 ところが、韓国から来たこの9人のキラキラ少女たちは、キメキメのダンスと高い歌唱力を備え、自信に溢れたガールズライフを送る自立した「カッコカワイイ」ヒロインを演じます──同世代少女の憧れとして、恋と日常を切り開いていく「生インスタ」の中の人、いわば「リアル・プリキュア」なわけです。そんな今までになかった新しいアイドルの世界観に、日本の十代はすっかりハートを鷲掴みにされてしまったというわけです。

 日本の十代がどれだけ夢中になっているかは、彼女たちのリアル(現実)であるスマホの中、たとえばSNSをのぞくと、すぐにわかります。「TTポーズ」写真や、振り付けを真似て「踊ってみた」動画がたくさん見つかります。K-POPのGGはSNSに写真や動画を積極的に出していますが、なかでもTWICEの韓国向けInstagramは1日に何枚も新しい写真が更新されるので人気です。その写真に「いいね」をつけ、「かわいい!」「大好き」というコメントを日本の少女たちが日本語、英語、韓国語と多言語で書き込んでいます。韓国語でカラオケを歌えるほどになっている女の子も珍しくありません。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン