• TOP
  • 芸能
  • 園子温監督 吉高由里子と満島ひかりを見出せた理由を語る

芸能

2018.07.21 07:00  NEWSポストセブン

園子温監督 吉高由里子と満島ひかりを見出せた理由を語る

園子温監督が語る女優論(撮影/疋田千里)

 吉高由里子、満島ひかり、二階堂ふみ──。今や誰もが知る女優となり活躍する彼女たちだが、その才能を発掘し開花させたのが、映画界の鬼才・園子温氏だ。これまでに国内外、数々の賞を受賞し高い評価を得てきた園監督は先ごろ、ハリウッドで映画を撮ることを発表したばかり。新たなステージへ向かう園監督に、新刊『獣でなぜ悪い』(文藝春秋)に綴った、これまでに見出してきた女優たちや、日本社会に蔓延する「かわいい」への違和感、仕事の中身と生き方で輝く力など、女優と女性の魅力について聞いた。

──園監督は多くの新人や無名女優の才能を開花させていますが、どのように女優を見出すのですか?

園監督(以下、敬称略):有名な人はよくテレビでも見るし、キャラクターももうわかっていて、そのキャラクターを活かしてどう使うかしかないので、あまり面白くないんですよ。有名度合いを商品価値として使うことで、映画の興行の安全性をキープしようとしてるだけというか。そういうのはあまり興味がなくて、まぁ単純に新人発掘が面白いというだけです。

 新人を見つけ出して育てて…、そういうことをやりだしたのは吉高が最初なんですけど、一度うまくいったらクセになったというか(笑)。それまでは女優にも特に興味がなかったし、たまたま『紀子の食卓』が女優ばかり出る映画だったので、初めて女優で映画を撮ることを体験して、自分は男より女優の方が面白いなって気づいたんですよ。吉高は、演技経験も何にもないまっさらの女の子が、撮影中にどんどん開花していく姿を見て、すごく面白いなって思いましたね。

──完全に無名の新人だった吉高由里子さんや、才能が埋もれていた満島ひかりさんを見出されましたね。特に吉高さんとの出会いは、監督として覚醒した特別な出会いだったともお書きになっています。

園:他にもいるんですけどね。安藤サクラも『愛のむきだし』からだと思いますし、あとは『TOKYO TRIBE』に起用した清野菜名とか。

──『紀子の食卓』で芸歴ゼロの吉高さんに即、決めた時や『愛のむきだし』で満島さんを起用した時もですが、“何かもってるな”という感覚とはどこからくるんですか? 隠れた本質的な部分も含めてどう見抜いているのでしょうか?

園:まぁ滅多にそういうことはないんだけど、存在でいける、すごいなと思ったから。それは本来、事務所が見抜くべきなんだけどね(苦笑)。オーディションに行かせて、作品で輝いて急に有名になってきたら目をかける事務所は多いよね。

 意外と自分にとっては才能の発露ってわかりやすくて、ことさら目を光らせていなくても普通にわかるものですね。それに、ぼくの嗜好性でしかないから。『紀子の食卓』のオーディションには、売れていない北川景子も来ていたけど、全然興味が湧かなかった。『パッチギ!』に出てそこそこ売れている沢尻エリカも来ていたけど、彼女は当時、女優をやる覚悟がなかったからね。

関連記事

トピックス