• TOP
  • スポーツ
  • 容体芳しくない長嶋茂雄氏、懸命の看病を続ける三奈と運転手

スポーツ

2018.08.23 16:00  女性セブン

容体芳しくない長嶋茂雄氏、懸命の看病を続ける三奈と運転手

◆何とかして日程調整をする

 不安ばかりが増す状態のなか、懸命の看病を続けているのが三奈だ。

「例年、この時期の三奈さんは甲子園で高校野球を取材していますが、今年は大会序盤の取材をキャンセルして、緊急入院した長嶋さんに付き添っていたそうです。長嶋さんの病状が報じられてから彼女は甲子園にも姿を見せ、“心配はいりません”と気丈に笑顔を見せたそうですが、今も病院通いは欠かしていません。地方出張の際には何とかして日帰りできるよう日程調整して、病院に足を運んでいます。院内では病室と売店の往復の繰り返しのようです」(前出・長嶋家の知人)

 三奈のほかにももう1人、全身全霊でミスターを看病する人がいる。それは、長嶋さんの現役時代から運転手を務める、80才になる男性のAさんだ。

「長嶋さんが現役時代、帰宅後の深夜に素振りをする姿や、監督時代に負けた悔しさで運転席を蹴っ飛ばされるなど、間近で長嶋さんの素顔を見てきました。国民的英雄のプライベートな部分を最も知る人物です」(前出・スポーツ紙記者)

 2004年に長嶋さんが脳梗塞になって田園調布の自宅で倒れた時、第一発見者となったのがAさんだった。

「Aさんはその時のことを、“すぐに救急車を呼ばず、自分の対応が遅れたから長嶋さんにマヒが残ってしまった”と今でも悔やんでいて、それ以降はより長嶋さんのリハビリや日常生活の世話を精力的に行っています。それこそ24時間つきっきりで、長嶋さんからの信頼も厚い。今回の入院でも、三奈さんが病院にいる時でも一緒に病室に泊まり込むなど、自宅と病院を往復して24時間体制で看病を続けています」(前出・長嶋家の知人)

 決して表舞台に立つことのないAさんと長嶋さんの関係について、Aさんの息子が言葉少なに語る。

「父はもう50年以上も献身的に長嶋さんのそばにいて、今は病院に泊まったり自宅に戻ったりの毎日です。最も心が知れているのが父かもしれませんから、献身的にするのが父の務め。(長嶋さんの容体について)強いかたですから、大丈夫だと思います…」

 本誌はAさんに長嶋さんの病状を聞いたが、「ぼくの口からは言えません」と返された。

※女性セブン2018年9月6日号

関連記事

トピックス