• TOP
  • ビジネス
  • 築地駅と豊洲駅 東京の台所、その生い立ちの違い

ビジネス

2018.08.26 07:00  NEWSポストセブン

築地駅と豊洲駅 東京の台所、その生い立ちの違い

 築地市場の移転先となる豊洲市場は、東京臨海新交通臨海線(通称・ゆりかもめ)の市場前駅が最寄駅になっている。湾岸エリアはタワーマンションの建設ラッシュに沸いているが、広大な豊洲市場の周辺には豊洲PITや新豊洲変電所があるほかは特に何もない。そのため、2駅隣にある豊洲駅が注目を浴びることになった。

 それまでの豊洲駅は、町工場がひしめく下町然とした街だった。豊洲の街は、関東大震災で大量に発生した瓦礫で埋め立てられたことで生まれた。

 現在、豊洲住民の足を担っているのは東京メトロ・有楽町線で、この路線が開業したのは1974年。このときの有楽町線の開業区間は池袋駅―銀座一丁目駅間。まだ、豊洲は地下鉄の恩恵を受けていなかった。

 1988年、有楽町線の新富町駅―新木場駅間が開業。中間駅として豊洲駅が開設され、ようやく豊洲に地下鉄がお目見えした。しかし、地下鉄の豊洲駅ができても、まだ豊洲の街は発展する兆しを見せていなかった。

 豊洲駅が大きく変貌するターニングポイントは、2003年の石川島播磨重工業(現・IHI)の工場移転だった。工場跡地を三井不動産が取得。ここが再整備されて、2006年に複合商業施設「アーバンドック ららぽーと豊洲」が誕生する。

 当時、「ららぽーと」や「イオンモール」といった大型複合商業施設はあちこちにオープンしていたが、それらは郊外に出店するのが常識だった。その「ららぽーと」が、銀座から近い豊洲に進出したことは業界の常識を覆す一大事件だった。

「アーバンドック ららぽーと豊洲」は常識を覆す出店戦略だったが、予想外の大盛況となった。これを機に、豊洲駅の周辺にタワーマンションが立ち並ぶようになる。豊洲駅に新たな住処を求めたのは20代―30代の、いわゆるニューファミリー層だった。ニューファミリー層が増えたことで、豊洲駅界隈はさらに活気に満ちていく。

 今も「アーバンドック ららぽーと豊洲」は、週末に家族連れで大にぎわいとなる。隣接する豊洲公園では、毎週のようにイベントが開催されている。そうしたイベントには、近隣住民のほか江東区、はては都外から足を運ぶ人たちもいた。

 また、豊洲公園では週末に簡易テントを設営しながらピクニックを楽しむ家族連れも日常的な光景になった。

 豊洲駅の快進撃は、現在も継続中だ。有楽町線やゆりかもめは、豊洲新市場の開場に合わせて始発電車を早めるダイヤ改正を実施済。2020年の東京五輪によって、さらに豊洲駅界隈は劇的に変化するだろう。

関連記事

トピックス