芸能

さくらももこさんの人生 仕事、家族、郷土愛、飲尿健康法他

さくらさんは健康に気を使っていたという(アニメ『ちびまる子ちゃん』HPより)

『ちびまる子ちゃん』の作者である、漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんのため亡くなった。享年53。40代半ばでがん発覚後、治療を続けながらも仕事のペースは落ちなかった。

 さくらさんは1965年、主人公・まる子と同じく静岡県清水市に生まれた。中学生の頃から少女漫画雑誌に作品を投稿。当時は正統派の恋愛漫画を描いていたが、賞には縁がなかった。

「高校2年生の時に、学校で行われた作文のテストで95点の高得点をとり、先生から“エッセー調の文体が高校生とは思えない”と大絶賛され、“現代の清少納言”と評されました」(さくらさんの知人)

 静岡県の短大に進学。在学中の1984年、漫画雑誌『りぼんオリジナル』にて『教えてやるんだ ありがたく思え!』でデビュー。1986年に短大卒業後、上京して出版社に就職するも、漫画1本に集中するため、2か月で会社を辞めた。3か月後には『りぼん』で『ちびまる子ちゃん』の連載が始まった。

 1989年、当時の編集担当者Aさんと結婚し、1994年に長男が誕生。その時の喜びや子供の成長をさくらさんは、『赤ちゃん日記』(小学館)で、こう表現した。

《おひさまもこいのぼりも みんなあなたが すこやかに成長することを祈っています》

 しかし、幸せな生活は長くは続かなかった。Aさんが結婚後、出版社を退社し、さくらさんの個人事務所『さくらプロダクション』の代表に就任すると、夫婦にすきま風が吹き始め、1997年の秋にふたりは別居、翌年離婚した。4才になった長男の親権はAさんが持つことで合意したが、育てあげたのはさくらさんだった。

 シングルマザーとして子育てに励んでいた中、2002年にさくらさんは、長男と共著で絵本『おばけの手』(幻冬舎刊)を出版した。

「まとまりのないストーリーですが、それが子供らしい発想だと話題を呼びました。長男のペンネームはさくらめろんといいますが、その理由は甘いメロンが好きだからだそうです」(出版関係者)

 その翌年、さくらさんはイラストレーターのうんのさしみ氏と結婚。再婚のきっかけとなったのは、長男だった。

「再婚する前に、息子さんが彼に“お父さんになって”とお願いしたそう。さくらさんは息子さんにどう言おうか悩んでいたそうですが、あっさり打ち解けたので驚いたそうです」(前出・知人)

 それから数年後、病魔がさくらさんを襲う。乳がん専門医で医療法人社団進興会理事長・森山紀之さんが言う。

「乳がんはステージ1で治療開始できれば10年生存率は9割を超える。しかし、末期のステージ4なら生存率20~25%。つまり4人のうち3人は10年生きられない。乳がんが厄介なのは、転移しやすいこと。とくにリンパ節、肺、骨、脳などに転移しやすく、抗がん剤による治療は長引くほどに患者の心身に大きな負担となります」

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン