芸能

最新芸能記事のRSS

さくらももこさんの人生 仕事、家族、郷土愛、飲尿健康法他

2018.08.31 07:00

『ちびまる子ちゃん』の作者である、漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんのため亡くなった。享年

『ちびまる子ちゃん』の作者である、漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんのため亡くなった。享年53。40代半ばでがん発覚後、治療を続けながらも仕事のペースは落ちなかった。

 さくらさんは1965年、主人公・まる子と同じく静岡県清水市に生まれた。中学生の頃から少女漫画雑誌に作品を投稿。当時は正統派の恋愛漫画を描いていたが、賞には縁がなかった。

「高校2年生の時に、学校で行われた作文のテストで95点の高得点をとり、先生から“エッセー調の文体が高校生とは思えない”と大絶賛され、“現代の清少納言”と評されました」(さくらさんの知人)

 静岡県の短大に進学。在学中の1984年、漫画雑誌『りぼんオリジナル』にて『教えてやるんだ ありがたく思え!』でデビュー。1986年に短大卒業後、上京して出版社に就職するも、漫画1本に集中するため、2か月で会社を辞めた。3か月後には『りぼん』で『ちびまる子ちゃん』の連載が始まった。

 1989年、当時の編集担当者Aさんと結婚し、1994年に長男が誕生。その時の喜びや子供の成長をさくらさんは、『赤ちゃん日記』(小学館)で、こう表現した。

《おひさまもこいのぼりも みんなあなたが すこやかに成長することを祈っています》

 しかし、幸せな生活は長くは続かなかった。Aさんが結婚後、出版社を退社し、さくらさんの個人事務所『さくらプロダクション』の代表に就任すると、夫婦にすきま風が吹き始め、1997年の秋にふたりは別居、翌年離婚した。4才になった長男の親権はAさんが持つことで合意したが、育てあげたのはさくらさんだった。

 シングルマザーとして子育てに励んでいた中、2002年にさくらさんは、長男と共著で絵本『おばけの手』(幻冬舎刊)を出版した。

「まとまりのないストーリーですが、それが子供らしい発想だと話題を呼びました。長男のペンネームはさくらめろんといいますが、その理由は甘いメロンが好きだからだそうです」(出版関係者)

 その翌年、さくらさんはイラストレーターのうんのさしみ氏と結婚。再婚のきっかけとなったのは、長男だった。

「再婚する前に、息子さんが彼に“お父さんになって”とお願いしたそう。さくらさんは息子さんにどう言おうか悩んでいたそうですが、あっさり打ち解けたので驚いたそうです」(前出・知人)

 それから数年後、病魔がさくらさんを襲う。乳がん専門医で医療法人社団進興会理事長・森山紀之さんが言う。

「乳がんはステージ1で治療開始できれば10年生存率は9割を超える。しかし、末期のステージ4なら生存率20~25%。つまり4人のうち3人は10年生きられない。乳がんが厄介なのは、転移しやすいこと。とくにリンパ節、肺、骨、脳などに転移しやすく、抗がん剤による治療は長引くほどに患者の心身に大きな負担となります」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP