• TOP
  • 芸能
  • 人気の『義母と娘のブルース』、続出する名言の真の意味

芸能

2018.09.04 07:00  女性セブン

人気の『義母と娘のブルース』、続出する名言の真の意味

『義母と娘のブルース』には数々の名言が

 夏ドラマの視聴率トップを独走する『義母と娘のブルース』(TBS系)。原作は桜沢鈴の同名4コマ漫画で、「笑える」が常である4コマ漫画の常識を覆し、「涙が止まらない」ということでドラマ化される前から話題となっていた。

『ぎぼむす』と略され親しまれている今作の人気の理由は、「明日も頑張ろう」と希望を感じさせるところ。

 PTA問題、いじめ、闘病に真っ向から立ち向かうその姿に多くの人が鼓舞させられているのだ。

 小学3年生のみゆき(横溝菜帆・10才)は父の良一(竹野内豊・47才)から新しいママとして、誰よりも仕事ができるキャリアウーマン、亜希子(綾瀬はるか・33才)を紹介される。

 面食らったみゆきは、最初は亜希子を拒否していたが、亜希子はみゆきに母と認めてもらおうと仕事のスキルを家庭でもいかんなく発揮しながらあの手この手を尽くし、なんとか3人は家族に。

 しかし、実はこの結婚は契約結婚。スキルス性胃がんを患った良一が、この人になら娘を任せられるとプロポーズをしたのだった。さまざまなトラブルを乗り越えるうちに良一と亜希子は心を通わせるが、ほどなくして良一は他界。

 第2章で描かれるのはそれから9年後だ。

 亜希子は高校3年生となったみゆき(上白石萌歌・18才)の母親として奔走していた。しばらく専業主婦だった亜希子は麦田章(佐藤健・29才)が店長を務めるパン屋で働くことになる。

 補助輪なし自転車を練習しているみゆきの前に現れたのは、パリッとしたビジネススーツを着こなし、90度のお辞儀をしながら名刺と履歴書を差し出す女性。

「『杯中の蛇を有るを見る』。恐れずに思い切ってスピードを出した方が、自転車は安定するということです」(第1話)

「杯中の蛇を有るを見る」とは、疑う気持ちが強くなると、つまらないことでも過剰に気になり病んでしまうことのたとえだ。

 みゆきに義母・亜希子がかけた言葉の意味は、「簡単にうまくいくものでも、疑う気持ちがあればうまくいかない」というもの。恐怖心を捨てたみゆきの自転車はまっすぐに走り始めた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス