• TOP
  • スポーツ
  • 山本KID徳郁さん M・タイソンに憧れ続けた格闘家人生

スポーツ

2018.09.19 07:00  NEWSポストセブン

山本KID徳郁さん M・タイソンに憧れ続けた格闘家人生

これからも期待されていた山本KID徳郁さん(AFP=時事)

 がん闘病を公表していた格闘家の山本KID徳郁さん(享年41)が亡くなった。「こんなときまで並外れたはやさでいかなくてもいいのに」と訃報について話すのは、彼がKIDという名前を名乗る前、学生時代の活躍を知るレスリング関係者だ。

「大学卒業後はブームになっていた総合格闘技へ彼は進みましたが、あのままレスリングを続けていたら、アテネオリンピック(2004年)でメダルが取れたかもしれない力は持っていました。KIDだけでなく、姉の美憂も妹の聖子も、美憂の息子のアーセンも、自分でやると決めたときの集中力が人並み外れています。そのタイミングがうまく合うと、普通では考えられないほど強くなっていました。

 逆に、興味をなくすと同じ選手とは思えないミスを繰り返す。大学を卒業しても、レスリングで世界を目指すことに興味を持ってくれていたら、金メダルも夢じゃなかったと思いますよ」

 子供の頃から注目の選手で、高校1年生のときにアメリカ留学し現地校を卒業、その後、山梨学院大学へ進学した。学生チャンピオンになり、大学4年で全日本2位にもなった。そのまま五輪を目指すかと思われていたが、大学卒業後、姉・美憂の夫だったエンセン井上と交流するうち総合格闘技に夢中になり、2001年にプロ修斗で格闘技デビューした。

 その当時、埼玉県・大宮市(当時)を取材で訪れたスポーツライターは、KIDさんが「目をキラキラさせながら、楽しくて仕方がないように見えた」と思い出を語る。

「ほかの選手への取材が目的だったのでKIDとは雑談のように話しただけですが、無邪気な笑顔で、新しいことを覚えるのが楽しい様子が全身からあふれていたのをよく覚えています。あの山本美憂の弟で、けっこうやんちゃな子だという噂を聞いていましたが、若者言葉こそ使うけれど、ご両親に愛されて育てられたお坊ちゃんな感じが話すと伝わってきました。

 デビューしたら人気が出るんだろうな、という魅力がすでにありました。総合格闘技ではないけれど、ボクシングのマイク・タイソンのファイトスタイルが好きで『カッケー!』と何度も繰り返していたあの口調が忘れられないです」

 その後、2004年の大晦日に瞬間最高視聴率31.6%をたたき出すなど、お茶の間でもその名前と顔を知られる格闘家としてスター街道をばく進した。そして、レスリング出身にもかかわらず、憧れのタイソンのように鋭い打撃で快勝する格闘家のイメージが浸透した。その勝ち方は、彼が「カッケー!」と憧れた、短時間で相手をKOし続けたタイソンを追いかけているようだった。

関連記事

トピックス