芸能

田中圭、超多忙でも自宅夕食のため即帰宅の愛妻家生活

スイーツ片手にソッコー帰宅

 細身のスーツが映える長い脚、ワイシャツの袖をまくると現れる白い腕に浮いた血管。観客に背を向けると、背中には汗が滲んでいる。ときにコミカルにときにシリアスに、そして、キスシーンでは色気のリミッターを外して、田中圭(34才)が、見る者をその世界へと引き込んでいく。

 9月1日に始まった舞台『サメと泳ぐ』で田中が演じるのは、脚本家で成功したいという野心を胸に秘め、憧れの世界の扉を叩く純朴な青年。上司の大物映画プロデューサー役は田中哲司(52才)だ。成功するためには手段を選ばない周囲に染められて、次第に2人の歯車は狂っていく。

 田中はこの春、男性同士の純愛を描いたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレーク。8月上旬に発売したドラマの公式本は15万部を突破した。

 9月13日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では、人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!』の新メンバーに決まったことが発表され、ネットは大盛り上がりとなった。

「とにかく今、田中さんの人気がすごい。雑誌のグラビアをはじめ、2年前に発売された写真集が再び売れに売れている。今回の舞台ではドラマの役柄を彷彿とさせるスーツ姿の場面も多く、女性ファンが殺到。追加公演が決まり、連日、立ち見席が用意されています」(芸能関係者)

 舞台初日の前日である8月31日の夜7時、最終リハーサルを終えた田中は東京・三軒茶屋にある世田谷パブリックシアターから足早に出てきた。胸元が大きく開いた秋らしいベージュのシャツに黒のハーフパンツ姿。手にはバームクーヘンで有名なスイーツショップ『治一郎』の紙袋を提げ、脇にはお酒の箱も抱えている。田中は1分1秒を争うような急ぎ足で車に乗り込んだ。

「田中さん、その日は自宅での夕飯の時間に間に合わせるためにと、必死に急いで帰っていました」(舞台関係者) 

 田中は2011年にドラマで共演した元女優と結婚。翌年に長女、2016年に次女が誕生した。

「田中さんの大ブレークを喜びながらも複雑な胸中で見ているのが奥さんだとか。ドラマ、舞台、映画にバラエティー番組への出演も続いて超多忙な上に、スタッフたちとの会食も増えて、家族と過ごす時間が減ってしまった。それだけに、家族とのごはんの約束は絶対のようで、仕事が終わったら一目散に自宅に帰るんです。愛妻家でうらやましいですが、恐妻家ともいわれています(笑い)」(前出・舞台関係者)

 ちなみに上司役の田中(哲司)も、この日は6月に双子を出産したばかりの妻・仲間由紀恵(38才)の元へまっすぐ帰宅。「嫁さんずラブ」な男たちだった。

※女性セブン2018年10月4日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン