国内

最新国内記事のRSS

天皇皇后両陛下、強行日程で公務に参加されるそのお心

2018.10.12 16:00

 10月20日、美智子さまが84才の誕生日を迎えられる。2019年4月末の退位を控え、美智子さまにと

 10月20日、美智子さまが84才の誕生日を迎えられる。2019年4月末の退位を控え、美智子さまにとっては皇后として迎える最後の誕生日になる。

「美智子さまは3日、のどの痛みや微熱のため、公務を一部取りやめられました。両陛下が出席された9月29日の福井国体の開会式が土砂降りの雨で、体が冷えてしまわれた上に、9月には被災地へのご訪問が続き、お疲れがたまっていたこともあるでしょう。

 美智子さまはご自分のことよりも、来年の御代がわりまでに、陛下がそのお立場の責任をまっとうしたと思えるよう、全力で支えるというお気持ちを強くされているようです」(宮内庁関係者)

 7月豪雨の被災地である中国・四国地方3県へのお見舞い訪問は強行日程で行われた。

「悪天候のため、当初13日に予定されていた岡山へのご訪問は14日に、広島へのご訪問は20日に延期されました。しかし、相次ぐ天候不順で広島へのご訪問はさらに翌21日に延期。もともと予定されていた愛媛と広島の2県を1日で訪問されました」(皇室記者)

 突然のスケジュール変更は、心身に負担がかかるもの。陛下は少しお疲れの様子だったという。

「今までなら“次の機会に”という選択肢もあったでしょうが、そうなると在位中に訪問できない可能性もあります。ですから、陛下には次という選択肢はなかったのでしょうし、皇后陛下もそのお気持ちに沿って強行日程でもご一緒されたのでしょう」(皇室ジャーナリスト・山下晋司さん)

 中国・四国3県のご訪問は「両陛下の最後の被災地訪問になる」といわれていたが、両陛下が国民に寄り添う気持ちは退位の日まで途切れることはなさそうだ。

「最大震度7を記録した9月の北海道胆振東部地震の被災地を、11月中にお見舞いに訪れるため、宮内庁が調整を始めています。陛下は最後まで、“象徴”としてのお務めを果たされようとしています」(前出・皇室記者)

撮影/JMPA

※女性セブン2018年10月25日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP