• TOP
  • 芸能
  • 新視聴率の女王・高嶋ちさ子 ダウン症の姉との固い絆

芸能

2018.10.21 16:00  女性セブン

新視聴率の女王・高嶋ちさ子 ダウン症の姉との固い絆

“新視聴率女王”との呼び声も

「3年目を迎えて、過去最高となる視聴率15.2%ですからスタッフも社内も盛り上がっていますよ」

 そう相好を崩すのは、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)の番組関係者だ。歴代最高の視聴率を記録したのは、高嶋ちさ子(50才)、田中圭(34才)、遠藤憲一(57才)がゲスト出演した10月3日の放送回だった。

「瞬間最高視聴率は高嶋さんの密着ロケ時で18.5%。高嶋さんには早くも“新視聴率女王”との呼び声も出ています」(前出・番組関係者)

 その日のロケの舞台は、父と姉が住む東京・世田谷にある実家への里帰りだった。

「高嶋さんのお父さんは、日本でビートルズの名を広めた音楽プロデューサー。6才年上の姉・未知子さんはダウン症なんですが、今回久しぶりのテレビ出演でした。お母さんは昨年亡くなられていますが、シンガポールにいるお兄さんもVTR出演して、一家の絆の強さがうかがえました」(前出・番組関係者)

 高嶋は小さい頃から、友達と遊ぶときには姉も一緒で、姉がダウン症であることを隠すことはなかった。

 高嶋が「うちの姉はダウン症にしては珍しく性格がちょい悪い…(笑い)」と言えば、未知子さんも「姉妹揃って口が悪い!」と返すなど笑いあり涙ありのやりとりは反響を呼び、視聴者からは、「高嶋さんサイコーでした」「キツイだけの人かと思っていたら、裏表がなく感心した」といった声が相次いだ。

 未知子さんは、幼い頃に20才まで生きられないと医師から言われたという。

「お姉さんを支えてほしい。ご両親はそういう願いを込め、支えるという意味の“佐”の字を使い、高嶋さんに知佐子という名前をつけたそうです」(スポーツ紙記者)

 未知子さんがいじめられていると知れば、やり返すこともあったという。

「みっちゃん(姉)を守るために、いじめっ子を注意して殴ったことも(笑い)。気の強いところはあるでしょうが、姉思いで優しい子。みっちゃんがアパレルショップで仕事をするようになったときには、ちいちゃん(高嶋)も泣いていました」(近隣住人)

 別の近隣住人は言う。

「“困ったことがあったら言ってね”とお姉ちゃんに声をかけたら“妹から、ご近所のみなさんに言う前に私に連絡して。すべてをなげうってでも、いの一番に行くからと言われているので、大丈夫です”と。仲のいい姉妹です」

 毒舌の裏に、1周回って知らない姉妹の秘話があった。

※女性セブン2018年11月1日号

関連記事

トピックス