• TOP
  • 国内
  • 目黒女児虐待死、引越し後の「児相の引き継ぎ」に問題あった

国内

2018.10.28 07:00  女性セブン

目黒女児虐待死、引越し後の「児相の引き継ぎ」に問題あった

結愛ちゃん事件の経緯

 東京目黒区のアパートで両親に虐待されて亡くなった船戸結愛ちゃん(当時5才)。母親の船戸優里被告(26才)と父親の船戸雄大被告(33才)は保護責任者遺棄致死の罪で起訴されている。10月3日、厚労省の専門委員会がこの事件を検証し、まとめた報告書を発表した。23ページにわたる報告書では、児童相談所(以下、児相)の引き継ぎなど問題点を指摘している。

 結愛ちゃんは、優里と前夫との子供だ。優里が離婚後、雄大と出会い、地元である香川県善通寺市のアパートで3人で暮らすようになったのは2015年11月だった。しかし、優里が雄大と再婚した直後から、雄大による虐待が始まっていたという。

 2016年の夏、優里は雄大の実子である、長男を妊娠した。近隣住民から香川の児相に初めて結愛ちゃんの泣き声が通告されたのも同時期だった。児相により幼稚園への見守りも依頼されたが、虐待は止まらず、弟が生まれてからはさらにひどくなる。

 12月、結愛ちゃんが寒空の下、裸足にパジャマ姿で雄大から叩かれ屋外に出されていたところを近隣住人が発見し、警察に通報。12月26日、児相に一時保護された。

「“パパ怖い”と震えていたそうです。頭にはこぶができ、出血もあって1か月くらい児相に保護されていました。帰ってきた後は、近所も結愛ちゃんの様子を気にかけていました」(近所の住人)

 しかし翌3月には再びアパートの外で口から出血する結愛ちゃんの姿が見つかり、2回目の一時保護の措置がとられた。4か月の保護期間中、「パパ、ママいらん」と言いながらも「家に帰りたい」と口にすることもあった。

 幼稚園も見守り態勢を強化。児相も家庭訪問や定期的に医療センターに通院するよう促すなど結愛ちゃんの様子を見守った。8月に医療センターでのけがが見つかった際、「パパにやられた、ママもいた」と結愛ちゃんは話したが、優里は否定。一時保護措置はとられなかった。

 その後も医療機関と児相による結愛ちゃんの見守りは続いたが、2018年に入ってすぐに、近隣の誰にも転居先を知らせることなく、一家は東京・目黒に引っ越してしまう。

◆雄大は書類送検されたこともあった

 雄大は当時勤めていた会社を退社した理由について、同僚に「結愛ちゃんが小学校に入学する前に東京へ行って、いろいろなことを経験させて将来の可能性を広げたい」と語っていたという。この事件の専門委員会の代表であり、関西大学人間健康学部教授の山縣文治さんが解説する。

「転居の本当の理由は、児相と警察が頻繁に動いている状況を危険視したからでしょう。実際、雄大は2017年2月に書類送検されている。次に虐待が明るみに出る前に逃げなければという気持ちだったのだと思われます」

 香川の児相はこれを危険視し、引っ越し先をつきとめ、すぐに管轄である品川の児相に連絡をする。

 職員の必死さは伝わる。しかしその努力もむなしく、結愛ちゃんは転居から2か月もたたないうちに亡くなった。報告書は一時保護を解除したこと、また転居の際の引き継ぎについて問題があったと指摘している。解除については、以下のように問題点を挙げている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス