• TOP
  • 芸能
  • 「YouTuberカジサック」になったキンコン梶原はバズるのか

芸能

2018.10.28 07:00  NEWSポストセブン

「YouTuberカジサック」になったキンコン梶原はバズるのか

キンコン梶原ことカジサック(イラスト/ヨシムラヒロム)

 最近、思い浮かぶ芸能人YouTuberといえば、女優でモデルの本田翼だろう。チャンネル開設2週間で登録者100万人を突破した。とはいえ、大半の芸能人YouTuberは特にバズることなく埋もれていく。そんななか、ネットでは相方の炎上っぷりがたびたび話題になってきた、芸人キングコングの梶原雄太が「カジサック」としてYouTuberデビューした。人気芸人として新しい境地を開くことになるのか、YouTubeという文化のなかで埋もれるのか。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が考えた。

 * * *
 10月1日、キングコングの梶原雄太がYouTuberカジサックとしての活動をスタートさせた。急なニュースに驚いたが、この原稿を書くにあたり梶原が出演した過去の動画を見たところ、しっかりと布石が打たれていた。

 現在、キングコングは『毎日キングコング』という雑談形式の番組を毎週日曜日に配信している。6月24日分、梶原は相方の西野亮廣に「YouTuberにハマっている」と語っていた。「YouTuberに自ら絡んでいくタレントはいない。だから自分がやりたい」と続き、中間目標として「ルミネtheよしもと」で有名YouTuberを集めたイベントをやりたいと熱弁。そして、ゴールは分からないが楽しいことを企てていきたいという胸の内を明かした。

 梶原が望んだYouTuberとの邂逅は、動画から約1ヶ月後の7月21日に早くも果たされる。白いマスクがトレードマークの人気YouTuberラファエルの動画に梶原がゲスト出演。「【この動画はすぐに消します】芸能界の裏話暴露します・・・」というタイトルままのトークを披露した。

 8月12日には、1/2金髪でおなじみのYouTuberヒカルの動画にもゲスト出演。自主規制が多くなったテレビの現状を憂い、YouTubeの自由さに心酔したことを告白。また、自身がYouTuberになるのではなく、自分がYouTuberとテレビの架け橋になりたいとも語っていた。

 しかし、ご存知の通りYouTuberデビュー……。

 YouTuberを説得しにいった梶原がYouTuberになってしまった。「ミイラ取りがミイラになる」の例文として使えるような光景だが、そんなことはどうでも良い。心変わりしてしまうほど、梶原にとってYouTuberとは魅力的な存在だったのだろう。

 転換の経緯を説明したところで話を最初に戻したい。カジサックのデビューが大きなニュースとなった要因は1本目の動画で語られたマニュフェストにある。

 それは「芸人引退」。

 2019年末までにYouTubeチャンネルの登録者数が100万人に達しなかった場合、実行に移すとのこと。よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長の藤原寛にカジサックが「到達しなかったら辞める」と掛け合う様子もデビュー動画には収められていた。

 YouTuberとしての活動を自ら芸人人生の瀬戸際と仕立てたのである。

 タレントとYouTuberの違いはなにか?

 個人的に、タレントは血統書付きの犬、YouTuberは雑種犬だと考えている。常にタレントは品行方正が求められ、逆にYouTuberとはある種のダーティーさがないとサバイブできない。そのダーティーさとは矛盾かも知れないし、もしく誇大広告的ともいえる。

 梶原がラファエルと共演した動画のタイトルを思い出して欲しい。「【この動画はすぐに消します】芸能界の裏話暴露します・・・」、公開されたのは7月21日だが、このコラムを執筆している10月26日現在まだ残っている。3ヶ月も経過しているが【この動画はすぐに消します】は実行されていない。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス