スポーツ

4才の娘が白血病に… ボクシング日本チャンプの告白

長男の太尊くんも紗月ちゃんの病気を機にさらに優しいお兄ちゃんに

「涙を流したのは、病気を宣告された日だけです」。まっすぐにこちらを見つめて話す男性はプロボクサーとして厳しく鋭い眼光の中に、誰よりも愛娘を思う父の愛情を浮かばせた。4才の娘の病気が発覚してから半年。自らを見つめ直し、男は今日もリングに上がる──。

 10月下旬の夕方、東京・大塚の駅前は居酒屋を求めて歩くサラリーマンでごったがえしている。にぎやかな街中の一角で異彩を放っているのはガラス越しにも熱気が伝わる『角海老宝石ボクシングジム』だ。

 パンッと乾いた音が外まで響く。リングの上、鍛え上げた肉体で一心不乱にミットを打ち込む、一際眼光鋭い男──日本スーパーウェルター級暫定王者のプロボクサー、渡部あきのり(33才)だった。

 Tシャツは大量の汗で色が変わっている。歯を食いしばりながらパンチを繰り出すたびに、顔の険しさが増す。練習はノンストップで90分に及んだ。

「自分はいくら練習や減量がきつくても試合が終わればオフがありますから。でも娘に休みはありません。娘が闘っているのに、自分が休むわけにはいかない」

 渡部は厳しい表情を崩さずに淡々と話す。彼は今、難病を抱える娘とともに、絶対に負けられない戦いの真っただ中にいる。

◆ダメなやつじゃん、死んじゃう病気じゃん

「ボクシングの世界チャンピオンになる」と決心したのは中学生の時だ。18才でプロデビューし、無敗のまま15連続KO勝ちの日本記録を打ち立てた。しかし、ウェルター級の日本王者に上り詰めるも、世界タイトルのチャンスには恵まれず、ジムの移籍も重なった。

 26才で4つ年上の妻と結婚。長男の太尊くん(6才)、長女の紗月ちゃん(4才)が生まれる。

 そんな最中の2016年8月に角海老宝石ボクシングジムに移籍し、奮起する。単身、寮に入り、平日はトレーニング漬け。家族と過ごせる日曜日を楽しみにする日々を送った。昨年12月、プロ42戦目にして世界ランク1位の選手に挑戦するロシア遠征へこぎ着けた。

 その矢先のことだった。2018年1月、妻から突然「娘の様子がおかしい」と連絡が入った。

「公園に連れて行っても、大好きだったはずの滑り台を『怖い』と言って嫌がるようになった。自転車の前かごにも『嫌だ』と乗りたがらない。何かがおかしいのに、病院に行ってもわからない。医師には少し前に引っ越しをしたから、そのストレスなのではないかと言われました」(渡部、以下「」同)

 娘の症状は悪化した。2月になると手、足、腰などさまざまな部位を「痛い」と訴えるようになった。しかし、何度病院に連れて行っても、医師は「異常はありません」と言うだけ。解決策がないまま、月日だけが過ぎていった。

 事態が急転したのは2か月後。試合を終えた渡部が自宅に戻ると、紗月ちゃんが床に這いつくばっていた。娘を抱え、病院に直行。血液検査を受けると異常な数値が出たため、小児医療センターに緊急搬送された。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン