芸能

長澤まさみ 「皇族の豪邸」に引っ越し、家賃は60万円超

舞台終わりに焼き肉店へ駆け込む長澤まさみ

 年末まで60公演という長丁場の舞台『メタルマクベス』に出演中の長澤まさみ(31才)。胸元がザックリと開いたセクシーな衣装が話題をさらっているが、年明け以降も勢いは止まらない。

 来年は大作映画に出ずっぱり。1月に木村拓哉(46才)と初共演した『マスカレード・ホテル』、その後も主演作となる『コンフィデンスマンJP』や累計発行部数3600万部を誇る人気コミックを原作とした『キングダム』など、出演作は注目作ばかり。好調ぶりは仕事だけではない。

「最近、引っ越しをしたそうです。今まで住んでいた高級マンションよりさらに広い100平方メートル超えの部屋で家賃も60万円超えだとか。しかも、その部屋はもともと皇族が所有していた物件で、長澤さんはいわゆる“ロイヤルルーム”に移ったというわけです」(芸能関係者)

 それは都内屈指の高級住宅街にたたずむ瀟洒なビンテージマンションの一室。かつての所有者はすでに世を去られたさる皇族である。

 皇族も有価証券や不動産などの固有の財産を持っている。30年ほど前からこのマンションを所有していたようだ。

「一棟まるまる持たれていて、資産価値は20億円はくだらない物件です。この皇族方が実際にお住まいになられていたことはないようです。ただ、皇族方が所有されていただけあって、住環境はすこぶるいい。都心にありながら周囲には緑もあり、騒音とも無縁です。住民も外国のかたや企業の社長など落ち着いたかたが多く、人気物件です。若い女性のひとり暮らしは初めてかもしれません」(不動産関係者)

 彼女を知る芸能関係者は、この引っ越しが意外だったと明かす。

「長澤さんはタレントが多いいわゆる“芸能人マンション”に長らく住んでいました。慣れ親しんだ場所で、近所に住んでいた元カレの伊勢谷友介さん(42才)と別れたあともなかなかこの近くを離れなかったのですが、今回、かなり遠くへと引っ越した。仕事に集中するための引っ越しだったのか、新たなお相手ができたのか気になります」

 11月中旬の夜、舞台終了後、長澤は女性と2人で焼き肉店へと入り、1時間ほどで食事を済ませて新居へと帰った。

 新たなお相手の影はなさそうか。

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン