芸能

西城秀樹がスターになるまでの道、そしてとんねるずへの配慮

髪を伸ばしたワイルドな風貌は、当時のアイドルとしては斬新だった

 今年5月に63才という若さで亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。

 秀樹は戦後10年目にあたる1955年、広島市で生まれた。姉と兄のいる末っ子の秀樹は、タイヤの卸商や雑貨店などいくつもの商売を手がけ、実業家として成功する父と、その仕事の手伝いをいとわなかった母の下で育った。

 音楽好きの父親の影響でバイオリンを習った秀樹は、中学生になると、兄の誘いでバンドに加わり、アメリカの音楽に親しむようになる。高校生になった夏休み、ジャズ喫茶でのアルバイトを始めた。

 そこで、芸能界へとスカウトされる。しかし、両親の大反対を受けた。「音楽は仕事ではなく趣味だ」と怒鳴られ、高校中退ということも認めてくれなかった。

 厳格な父は、芸能界入りはもちろん、上京にも猛反対した。実業家の父からすれば、仕事とはどういうものなのか、誰よりもその厳しさを知っているという思いもあったのかもしれない。

 そのとき、秀樹の味方になったのは、母だった。父親の目を盗みそっと末っ子を東京へと送り出してくれたのだ。

 1971年に上京、所属するプロダクションの社長宅での居候を始め、翌1972年に『恋する季節』でデビューしたのは秀樹が16才の時だった。当時のキャッチフレーズは181cmの長身をアピールするように「ワイルドな17才」。歌声も注目された。

 後に70年代を代表するスターとして、郷ひろみ(63才)、野口五郎(62才)と並んで新御三家と呼ばれる秀樹だが、デビュー当初は苦戦した。

「ほぼ“同期”の3人ですが、甘いマスクでアイドル然とした郷さん、品のあるたたずまいで歌謡界の新星と期待された野口さんと比べ、秀樹さんはキャラクターが定まっていませんでした。そんな中、彼の代名詞である“絶唱系”が浸透していき、1973年に5枚目のシングル『情熱の嵐』で初のオリコンベストテン入りを果たすと、次の『ちぎれた愛』で、初のチャート1位を獲得しました。新御三家で1位を獲ったのは秀樹さんが最初。ここから秀樹さんの人気は新御三家でも突出したものとなっていくのです」(レコード会社関係者)

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン