• TOP
  • ライフ
  • 単なる「切れ痔」と思っていたら「大腸がん」進行の可能性も

ライフ

2018.11.21 16:00  週刊ポスト

単なる「切れ痔」と思っていたら「大腸がん」進行の可能性も

トイレで出血に気付くケースは多い

 痔は日本の成人のうち、3人に1人が経験しているといわれる“国民病”だ。患部の場所が場所だけに悩みを相談しにくく、我慢して病院にかからない人も少なくないという。しかし、軽く考えていると、そこに潜む、重大病を見逃してしまうかもしれない──。

 痔には様々なタイプがある。よく知られているのは「切れ痔」「いぼ痔」だ。これらは肛門からの出血によって気づくことが多いが、初期には強い痛みを伴わないため、我慢してしまう人も多い。

 だが、「痔かと思って検査をしたら、がんが見つかった」というケースは珍しくない。『自分で痔を治す方法』(アチーブメント出版刊)の著者で、平田肛門科医院院長の平田雅彦医師が解説する。

「痔と症状がよく似ている『大腸がん』は、放置されて発見が遅れてしまうことがあります。『肛門からの出血』『血便』の症状から当院を受診した500人の患者を精密検査したら、22人から大腸がんが見つかりました。その割合は4.4%ですが、一般の集団検診での発見率0.15%の実に30倍で、それだけ痔の症状と間違えやすい。血便を伴う大腸がんはすでに進行した状態です。

 また、“痛くはないのに、肛門のかゆみと出血が止まらない”という患者が、精密検査を受けたら『直腸がん』が見つかったという例も増えています」

※週刊ポスト2018年11月30日号

関連記事

トピックス