スポーツ

巨人の補強は場当たり的?かつては効果的な補強もあったが…

第3次原政権スタートで、例年以上に補強に熱心だが(写真:時事通信フォト)

 球団ワーストタイ記録となる4年連続V逸を喫した巨人。今オフは例年以上に補強に熱心になっている様子が見て取れる。今季メジャーで20本塁打したビヤヌエバの獲得を発表し、オリックスとの交渉が決裂した中島裕之の入団も決定。さらにはFA宣言をした広島・丸佳浩、西武・炭谷銀仁朗の獲得を目指し、マリナーズ・岩隈久志やオリックス・金子千尋を狙っているとの情報もある。野球担当記者が話す。

「優勝を逃しているわけですから、補強に躍起になるのは当然だと思います。ただ、何でもかんでも取ればいいというものではない。明確な意図があれば、巨人ファンも他球団のファンもある程度、納得するはず。巨人の補強は毎年、場当たり的に見えるから批判されるのではないでしょうか」(以下「」内同)

 昨オフは中日で35本塁打を放ってホームラン王に輝いたゲレーロ、西武からFA宣言した野上亮磨を獲得。しかし、今季ゲレーロは2軍落ちも経験するなど15本塁打に留まり、野上も昨年の11勝から今年は4勝と結果を残せず、チームも3位に終わった。補強が上手くいったとは言えない。一体、巨人は何がマズいのだろうか。

「プロ野球界でチーム編成の名人と言えば、根本陸夫さん(故人)が真っ先に挙がるでしょう。広島、西武、ダイエーの弱小時代に監督を務めて、編成にも携わった根本さんは、まず選手のお手本になる大ベテランを獲得しました。広島では山内一弘、西武では野村克也、山崎裕之、田淵幸一、ダイエーでは秋山幸二、工藤公康、石毛宏典などです。彼らが手本となり、刺激を受けた若手が成長。スカウティングの巧妙さもあって、のちに黄金時代を迎えた。根本さんには、今の巨人にはない明確な意図、ビジョンがありました」

 かつて、巨人も大ベテランの効果的な補強で優勝を果たしたこともあった。FA制度導入元年の1993年オフ、長嶋茂雄監督は中日・落合博満の獲得を熱望。当時40歳という超ベテラン選手を迎え入れることにOBやファンからは反対の声が挙がったが、長嶋監督は落合のプロ野球選手としての姿勢が必ずチームにプラスになると考えていた。シーズンが始まると、一塁からマウンドに行って声を掛けるタイミングの良さなど、数字では計れない貢献もあった。その効果もあってか、巨人は5年ぶりの日本一に輝いた。

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン