芸能

最新芸能記事のRSS

離婚の大塚愛とSU 慰謝料の話し合いは継続、親権は大塚に

2018.11.29 07:00

 左手で頬杖をつき、勝ち誇ったような余裕の微笑み。11月21日、ある女性のインスタグラムにアップされ

 左手で頬杖をつき、勝ち誇ったような余裕の微笑み。11月21日、ある女性のインスタグラムにアップされた写真が物議を醸している。

「構図が大塚愛さん(36才)の公式サイトの写真そっくりなんです。わざと似せたとしか考えられない。しかも、大塚さんの離婚発表日にわざわざアップするなんて…」(芸能関係者)

 その日、大塚愛とRIP SLYMEのSU(45才)の離婚が発表された。不適な笑みを浮かべたのは、SUの不倫相手とされるモデルの江夏詩織(23才)だ。

 この投稿のコメント欄は《人の家庭を壊しておいてインスタを更新するのはどうかと思う》《不倫した挙句嫌がらせとかヤバイ》など、投稿の真意を探るような言葉で溢れかえった。

 また、離婚と同時に、信じられないような嫌がらせがあったことも発覚した。

「2016年の秋頃、真夜中に江夏さんが大塚さん夫婦の自宅に押しかけたそうです。SUさんは不在で、江夏さんは何度もインターホンを押し、それを不安に思った大塚さんは警察に通報、被害届を提出しました。江夏さんは連行されたそうです」(スポーツ紙記者)

 大塚とSUは2010年6月に結婚し、2011年3月には長女に恵まれた。

「ただ、2人の結婚の行く先を不安視する声は当時からありました。SUはモテ男ですし、大塚さんは相手一筋。いつか破綻するのではとみられていたのです」(音楽関係者)

 ほころびは昨年4月に発覚。SUと江夏の不倫報道だ。SUが江夏の自宅に泊まり、仲睦まじくドライブする様子などが報じられた。その時点で、不倫関係は長く続いていたという。その報道後、SUは活動自粛に。そして、出た答えが離婚だった。そこに至るまで、大塚は「深夜の襲来」のほかにも攻撃を受けていた。

「SNSなどを通じて江夏さんから、“彼を自由にしてあげてほしい”“あなたのような人だと彼の才能をつぶしてしまう”“彼にふさわしいのは私”といったメッセージ攻撃を受けていたそう。江夏さんは過去にインスタでも“さくらんぼだいすき”と、大塚さんのヒット曲を揶揄するような投稿もしていました」(前出・スポーツ紙記者)

 そうした嫌がらせを、大塚は当初、無視していた。

「お子さんが小学校に入学したばかりで、不安もあったようですが相手にしなかった。ところが、それが相手をエスカレートさせ、直接自宅まで押しかける事態に発展したようなのです」(前出・芸能関係者)

 大塚は子供を守るため、昨年からSUと別居を始めた。

「離婚に至るまでは弁護士を立てて話し合ったので、2人が直接やりとりをすることはなかったそう。親権は大塚さんが持つことで決まったが、慰謝料や養育費の話し合いは続いているそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 江夏のインスタの更新は離婚発表日以来、止まったままだ(11月27日現在)。

※女性セブン2018年12月13日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP