• TOP
  • ライフ
  • 恵比寿で暮らす32歳バリキャリ女性が結婚目前で破談した原因

ライフ

2018.12.28 16:00  NEWSポストセブン

恵比寿で暮らす32歳バリキャリ女性が結婚目前で破談した原因

結婚は勉強や仕事のように努力して手に入るものなのか?

 結婚を夢見ながらも、結婚に惑う女性たち。彼女たちは男性に何を求めているのか? せっせと婚活をしながらも、なぜ結婚ができないのか? 婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。

* * *
◆独身のままアラフォーになった先輩たちを反面教師に

 都内の大手企業で研究職として働く麻衣子さん、32歳。現在は恵比寿で一人暮らしをする、いわゆるバリキャリだ。だが、プライベートでは、この冬、辛い別れがあったという。

「ようやく巡ってきた幸せだったのですが……、彼氏に浮気をされて、別れたんです。付き合って1年半、お互いに結婚を考えていたし、人生設計的にも、そろそろ結婚して、子供を産んで、仕事と両立して、と思っていた矢先だったので、ショックでしたね」

 結婚を考えていた元彼とは、飲み会で出会った。麻衣子さんは20代後半まで、大学時代に知り合った研究者の男性と付き合っていたが、互いに多忙で、休みが合わないなど、すれ違いが続いて破局。以来、彼氏はできず、焦り始めていた頃だったという。

「私は大学も理系で、職場にも男性が多いのですが、あまり恋愛経験のない人というか、恋愛に興味がなさそうなタイプが多くて、職場では見つからなかったんです。私自身も自分からぐいぐい行けるタイプでもないですし。で、営業の同期の友人が、よく合コンを開いているというから、私も誘ってよと勇気を出してお願いして、30歳前から、積極的に参加するようになりました。動かないとダメだと思ったので」

 麻衣子さんは、決して派手ではないが、原田知世似の爽やかな美人だ。性格は、真面目で物事にコツコツ取り組むタイプ、と自己分析する。そうした努力の甲斐あって、現在、やりたい仕事ができているともいう。人生設計においても、自分の計画を実現するためには、相応の努力が必要だと考えた。

「婚活パーティーにも行きました。30代ってあっという間というじゃないですか。結婚したいといいながら、アラフォーになってしまった先輩たちをけっこう見て来たので、今が勝負どき! って言い聞かせていました」

 積極的に動いた麻衣子さんは、30歳のとき、理想の男性に出会った。当時42歳、出版社で働く、陽二さんだ。

コメント 5

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス