• TOP
  • 国内
  • 驚愕の野党再編シナリオ 「小沢+橋下+枝野」が改憲連合も

国内

2019.01.06 07:00  週刊ポスト

驚愕の野党再編シナリオ 「小沢+橋下+枝野」が改憲連合も

再びこの人がキーマンに?(時事通信フォト)

 御代がわりの2019年のニッポン政治に何が起きるのか。安倍首相が1月召集の通常国会に9条改正の憲法改正案を提出すれば、自公連立の枠組みが大きく揺れ始める。

 与党の組み替えは野党の大再編を誘発する。“台風の目”になるのが橋下徹・元大阪市長、仕掛け人は小沢一郎・自由党共同代表だ。民主党事務局長を務めた政治アナリスト・伊藤惇夫氏が語る。

「小沢さんは枝野幸男さん(立憲民主党代表)と定期的に会食しているようだし、橋下さんとも昨年11月に会食した。既存の野党だけで合従連衡したところで自民の対抗勢力とはなり得ないが、そこに在野の橋下さんが加わればインパクトは大きい。十分、自民党の対抗勢力に成長する可能性がある」

 とはいえ、橋下氏が簡単に野党の神輿に乗るとは考えにくいし、リベラルの立憲民主党が橋下氏と組むのはハードルが高い。

 そこで「旗印」になるのが、安倍首相とは違う憲法改正だという。

「小沢、橋下、枝野の3人はそれぞれ自分の憲法改正論を持つ改憲肯定派です。小さな事情を飛び越えて打倒自民で一致団結し、新しい政治勢力の結集を目指す。そうなれば自民とは違う改憲案を掲げて対抗する流れになるでしょう」(伊藤氏)

※週刊ポスト2019年1月11日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス