スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

吉田輝星vs根尾昴 高卒大物新人の商品価値はどっちが高い?

2019.01.06 16:00

 日本ハムのドラ1・吉田輝星(17)と、4球団競合の末に中日入りが決まった根尾昂(18)。どちらも高

 日本ハムのドラ1・吉田輝星(17)と、4球団競合の末に中日入りが決まった根尾昂(18)。どちらも高校球界のスターだが、今のところ“外れ1位”の吉田のほうが、スポーツ紙の1面を飾る回数など「話題性」では根尾を圧倒している。

 関西大学の宮本勝浩・名誉教授は、「吉田選手のプロ入りの経済効果は30億3700万円になると試算しています。観客動員、グッズ売り上げ増、関係各所への波及効果も大きいと考えられます」と話す。

 実際、“吉田特需”で1月の鎌ヶ谷スタジアムでの新人選手の歓迎式典の入場チケット2000枚は10分で売り切れとなった。

 一方の根尾については、「岐阜出身だけに、親会社の中日新聞は喜んでいます。根尾を1面にすれば中京地区でのスポーツ紙の売り上げが伸びる」(中日新聞関係者)というが、まだ“地域限定効果”のよう。

 プロ入り後も吉田の人気が勝るのか。前出・宮本名誉教授はこうも話す。

「吉田選手の試算は開幕一軍で、10勝前後あげる前提での数字です。ハンカチ王子(斎藤佑樹)の時は入団効果試算がドラフト直後に約52億円だったところ、シーズン後の推定額は30億円台に落ち込みました」

 20億円の“捕らぬ狸の皮算用”を生んだ「先輩」とは違う活躍を期待したい。

※週刊ポスト2019年1月11日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP