• TOP
  • 国内
  • 菅義偉氏 「官房長官兼幹事長」就任なら次期総理の座は盤石

国内

2019.01.10 07:00  週刊ポスト

菅義偉氏 「官房長官兼幹事長」就任なら次期総理の座は盤石

”政変”で実権を掌握か(時事通信フォト)

 今年7月の参議院選挙の後に自民党が政権を失う可能性は低いが、議席を大きく減らして3分の2を失う事態は十分にあり得る。そうなれば安倍晋三首相の悲願である憲法改正は遠のき、“政変”が起きる。

 求心力を失った安倍首相は天皇の代替わりに伴う行事が終わるまでの“お飾り”となり、代わって政治の主役に登場するのは「影の総理」の菅官房長官だ。

 元日本経済新聞政治部記者で政治ジャーナリスト・宮崎信行氏は、菅氏が自民党の歴史上例のない「官房長官兼幹事長」に就任する可能性を指摘する。

「参院選で敗北すれば二階俊博・幹事長の引責辞任は避けられない。そのタイミングで、菅氏が官房長官として政府を差配しながら、幹事長を兼任して党務の最高責任者になる選択はあり得る。政府と党の実権を掌握することで、いつ、安倍首相が退陣することになっても、菅氏の次期総理の座は盤石になるわけです」

 いまや官邸では安倍側近の政治家やブレーン、官僚たちが「政権末期」と判断して首相より菅氏に“忠誠”を示す動きが目立つ。参院選の自民惨敗を前提に「そうなれば菅内閣が近づく」(安倍側近)と敗北を期待するかのような声まで聞こえてくる。

◆レガシーを急ごしらえ 大嘗祭の後に「花道」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス