• TOP
  • スポーツ
  • 江本孟紀氏は阪神に諦め顔だが「西とガルシアはええ補強」

スポーツ

2019.01.14 16:00  週刊ポスト

江本孟紀氏は阪神に諦め顔だが「西とガルシアはええ補強」

“エモやん”こと江本孟紀氏(共同通信社)

 2018年、17年ぶりに最下位の「ダメ虎」となった阪神タイガースは、2019年に復活できるのか。阪神の新戦力に期待を寄せるのは“エモやん”こと江本孟紀氏(71)だ。

「金本(知憲)前監督は、若い選手が育つのを待っている間に、最下位になっちゃったんでしょう。弱いチームは積極的に補強すべきです。そういう意味では、西勇輝(元オリックス、28)とガルシア(元中日、29)、これはええ補強ですわ。西は28歳と若いし、ガルシアも昨年は広島と巨人相手に3勝1敗と相性がいい。加えてメッセンジャー(37)がいるし、藤浪晋太郎(24)が復活すれば、先発ローテのタマは揃います」

 ただし、先発が踏ん張っても野手陣が点を取れるかに不安が残る。「ベンチがアホやから野球ができへん」の名言を残した江本氏は、ポイントは矢野燿大新監督(50)の手腕だとする。

「本来、下位打線で下支えすべき年齢の糸井嘉男(37)や福留孝介(41)がいまだクリーンアップですからね。金本前監督は若手をとっかえひっかえして失敗したけど、矢野新監督はそれを反面教師にして、負けても我慢して使い続けることができるか」

 それ次第で、先発陣が“見殺し”にされるかが決まる。

「まあ最下位は脱出できるでしょうが、順当にいってもBクラス、4位ぐらいちゃいますか?」

 諦め顔で江本氏はそう締め括った。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

関連記事

トピックス