• TOP
  • ライフ
  • 歯のインプラント治療 「最新」を謳う歯科医に落とし穴

ライフ

2019.01.24 16:00  週刊ポスト

歯のインプラント治療 「最新」を謳う歯科医に落とし穴

インプラント治療の権威である小宮山氏

「歯科治療」の世界には、急速な技術の進化がある。そのため、“かつての常識”が間違いだったと明らかになることが往々にしてある。だが、“最新”とされる治療が最善とは言えないケースもあるので注意したい。話題書『やってはいけない歯科治療』著者のジャーナリスト・岩澤倫彦氏が、インプラント治療についてレポートする。

 * * *
 最近、「インプラントの治療期間の短縮」をアピールする歯科医が増えている。基本的なインプラント治療は、人工歯根を顎骨に埋入して、骨折が治るのと同様に、2~6か月間、結合するのを待つ。

「埋入後即時荷重」は、人工歯根の埋入と同時に「歯の部分」となる上部構造も装着する方法。これを可能にしたのが、人工歯根の表面を粗面加工して、早期に骨と結合させる技術だ。

 なかでも、片顎12本分の歯を4本のインプラントで支える「オールオンフォー」を「埋入後即時荷重」で行なう歯科医院が、人気を集めているが──。

 人工歯根の粗面加工は、感染を引き起こしやすいという重大な問題が分かってきた。これはインプラント周囲炎と呼ばれる症状で、最悪の場合はインプラントを撤去しなければならない。

 小宮山彌太郎氏(ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター院長)は次のように解説する。

関連記事

トピックス