スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

大坂なおみ 父親の姓ではなく、「大坂」を名乗る理由

2019.02.01 16:00

 1月26日、全豪オープンテニスで優勝を果たした大坂なおみ選手(21才)。決勝戦は日本中の注目が集ま

 1月26日、全豪オープンテニスで優勝を果たした大坂なおみ選手(21才)。決勝戦は日本中の注目が集まり、NHKの生放送は38.5%(関東地方)の最高視聴率を記録した。全豪オープン優勝は男女通じて日本人初、世界ランク1位はアジア初の快挙だ。

 大坂選手はハイチ系アメリカ人の父と日本人の母のもとに生まれ、日米の二重国籍を持つ。母・環さんは北海道出身で、父・レオナルドさんが英会話の講師として札幌に滞在している時に出会った。ふたりは周囲の反対を押し切って結婚し、大阪に移住。そしてプロテニスプレーヤーの姉・まり選手(22才)と大坂選手が誕生。レオナルドさんは自身のファミリーネームの「フランソワ」ではなく、娘たちに「大坂」を名乗らせた。

 全豪オープンの優勝記者会見で「なぜ父の姓ではなく(母の姓である)『大坂』なのか」と質問された彼女はこう答えた。

「2014年から何度も使っているジョークを言うわ。大阪で生まれた人の名字はみんな『オオサカ』なの(笑い)」

 本当の理由は何だったのか。

「レオナルドさんは“日本で生きていくなら日本名の方が便利”と話していたことがあります。日本では外国人の名前では部屋を借りるのも難しい。でも多文化社会のアメリカでは『オオサカ』という姓で困ることは少ない。また、レオナルドさんは子供たちがアメリカで育った時に、“名字が日本を思い出させるものになればいい”とも考えていたようです」(スポーツ紙記者)

 そもそも大坂選手は日本が大好きだという。

「毎日、お母さんの和食を食べているので、味覚は日本人に近い。好きな食べ物はうなぎ、すし、焼肉。全豪オープン優勝の時は、食べたいものを聞かれて“カツ丼、アゲイン”と言って笑わせました。普段はよくJ-POPを聴き、マンガも大好き。フィギュアスケートを題材としたアニメ『ユーリ!!!on ICE』も見たそうで、昨年の平昌五輪で羽生結弦選手(24才)のファンになったそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 テレビ番組のインタビューで「好きなタイプは?」と聞かれ、「顔だけね」と注釈をつけつつ、囁くような声で「大谷」と、大谷翔平選手(24才)の名前を挙げたこともある。

「今回の大会では優勝トロフィーの前で正座する姿が話題になりましたが、必ず相手選手や審判にお辞儀をするのは、日本人選手ならでは。すごく恥ずかしがり屋なところも日本人に近いと思います」(前出・スポーツ紙記者)

 しかし、今後も「日本選手」として出続けるのか。日本では法律上、22才までに国籍を選ばなければならない。今後さらにアメリカの“攻勢”を受けることも考えられる。

「大坂選手は“2020年の東京五輪は日本代表で出場する”と明言しています。国際オリンピック委員会は“二重国籍の一方の国の代表になると、もう一方の代表にはなれない”と規定している。彼女が“くら替え”することはないのでは」(前出・スポーツ紙記者)

 どちらを選んでもナオミの快進撃が楽しみだ!

※女性セブン2019年2月14日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP