• TOP
  • 芸能
  • デビュー40周年の田原俊彦 ジャニー喜多川氏との特別な関係

芸能

2019.02.06 07:00  NEWSポストセブン

デビュー40周年の田原俊彦 ジャニー喜多川氏との特別な関係

田原本人も「田原俊彦はジャニーさんによって作られた」と綴っている

 1月17日深夜放送のTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』で、爆笑問題の太田光と田中裕二が帝国劇場で行なわれている『ジャニーズKing&Princeアイランド』を観賞したことを報告。終演後、ジャニーズ事務所社長であるジャニー喜多川氏に対面したという太田は、TBS系『爆報!THEフライデー』で共演している田原俊彦について触れ、「トシちゃんがよろしく言ってました」と伝えた。すると、ジャニー氏は「お世話になってます」と返答したという。

 田原俊彦とジャニー喜多川氏の関係はどのようなものなのか。『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の著者である芸能研究家の岡野誠氏が考察する。

 * * *
 田原俊彦がジャニーズ事務所を離れて四半世紀が過ぎようとしているのに、ジャニー喜多川氏は「お世話になってます」という言葉を口にした──。

 1970年代後半に低迷していたジャニーズ事務所を救ったのは田原俊彦、近藤真彦、野村義男の『たのきんトリオ』だった。

 1979年のTBS系『3年B組金八先生』の生徒役で注目を浴びた3人が順番にレコードデビューしていくと、いずれも人気が爆発。年末の日本レコード大賞では、1980年に田原俊彦、1981年に近藤真彦、1983年に野村義男所属の『The Good-Bye』が最優秀新人賞を獲得。1982年のシブがき隊を含め、4年連続でジャニーズ事務所のタレントが栄冠に輝いた。こうして、今に至るジャニーズの黄金期が始まったのである。

 中でも、歌って踊れる田原俊彦の存在はジャニー氏にとって特別なものだった。当時、『たのきんトリオ』の素顔を語る企画で、こう述べている。

〈不器用といえば、不器用なのかもしれませんが、性格的にいえば、なにに対しても徹底してやるということで、あまりとやかくはいってないんです。まあ、3人の中ではいちばん田原に対して勉強させましたね。彼は、勉強させればさせるほど、力を身に付けていく子だったからです〉(週刊セブンティーン特別編集『スーパーアイドルの365日』1981年1月5日発行)

関連記事

トピックス