ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

堀江貴文氏が実践する「1秒たりとも後悔しない生き方」

2019.02.11 11:00

 AI(人工知能)やロボットは、人間の“身体拡張”の最良のサポーターである――。最新刊『僕たちはもう

 AI(人工知能)やロボットは、人間の“身体拡張”の最良のサポーターである――。最新刊『僕たちはもう働かなくていい』の中で、「AI時代」の新たな生き方を提唱する堀江貴文氏は、テクノロジーとの向き合い方を、こう結論づける。短期集中連載の最終回では、堀江氏が自身の最近の活動に触れつつ、日々、後悔しないために心がけていることを紹介する。

 * * *
 テクノロジーの歴史は、人の“身体拡張”の歴史でもある。自動車が登場して、人力車や飛脚はいなくなった。移動の手段を、私たちは自動車に拡張することで、1日で数百キロを移動することができるようになった。

 人類はいまもさまざまな分野で、テクノロジーを使って身体拡張を繰り返している。そうして過去から想像もつかないような、質の高い生活を過ごしている。自動運転やドローンも、いわば「目」や「耳」など感覚の技術拡張と言える。

 身体の枠組みが広がる、革新的変化を間近にしているいま、「AIに仕事を奪われる」などという次元の低い話には、正直、向き合いたくもない。

 AIやロボットは人間の身体拡張の最良のサポーターである。手を組み続けていこうと、考えるのが正しい。仮にAIが奪う側だとして、AIに負けじと、自分も進化しようとは思わないのか? それこそが人間ではないのか?

 いろいろ言ってきたが、結局のところ、未来の予測にあまり意味はない。あまりに急速なテクノロジーの進化と、増大し続ける情報化社会において、私たちのような一般人が数十年先、いや、もう5年先の未来を占うことは、不可能に近いのだ。

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP