• TOP
  • 芸能
  • ラブラブの片岡愛之助と藤原紀香が進める「後継者づくり」

芸能

2019.02.16 07:00  女性セブン

ラブラブの片岡愛之助と藤原紀香が進める「後継者づくり」

すっぴんに近くラフなスタイルの藤原紀香

《ロンドン只今朝です ほな、今日もこれから頑張りまぁす》。2月6日に、こうブログに投稿した片岡愛之助(46才)。仕事でイギリス・ロンドンに滞在中だったが、翌日の午後6時、もう彼の姿は東京・西麻布にあった。

 帰国してすぐに愛之助が向かった先は芸能人御用達の高級焼き肉店。急ぎ足で合流したのは舞台終わりの妻・藤原紀香(47才)だった。

「紀香さんは赤のパーカに黒いプリーツスカートというラフなスタイルでした。すっぴんに近くて、髪もざっくり束ねた感じ。愛之助さんもキャップをかぶったカジュアルな装いでした。スタッフとの食事会のようで、気心知れた仲間と盛り上がっていたようです」(居合わせた客)

 午後9時半頃、揃って店を出ると、紀香と愛之助は並んでスタッフを見送った。手を振りながら、紀香は愛之助の肩にそっと顔を寄せる。3月で結婚4年目を迎えるが、相変わらずのラブラブの様子。その後、愛之助は車を運転して紀香をスパに送り届けると、自宅へ帰宅。長旅直後にもかかわらず、舞台に励む妻を労っていた。

 愛之助は2月22日から、徳島県で『システィーナ歌舞伎』を上演予定だ。

「紀香さんも23日まで舞台があって多忙ですが、終わり次第駆けつけるそうです。ふたりが今いちばん力を入れている舞台ですからね。

 この舞台は大阪出身の愛之助さんが、西日本でも“人気の演目を作ろう”と考えて毎年上演しているもの。歌舞伎は、関西や西日本では関東ほど人気がない。愛之助さんには“東京のように、関西でも一年中上演されるようにしたい”という悲願があります。今回の『システィーナ歌舞伎』は、琉球の音楽や舞踊に、ハワイアンの音楽やアーサー王のエピソードを取り入れた斬新な舞台になるそうです。

 兵庫出身の紀香さんは、そんな愛之助さんの『歌舞伎改革』という悲願をしっかりサポートされています」(歌舞伎関係者)

 さらにふたりは今、「後継者づくり」も着々と進めている。

「昨年3月、愛之助さんは『部屋子』という、自分の子供と同じように楽屋で行儀や芸を教えられる特別な弟子をとりました。片岡愛三朗という15才の子で、端正な顔立ちで“将来性のある逸材”といわれています。

 1月13日放送の愛之助さんの密着番組に登場した際は“なんて可愛らしい子”“応援したくなる”と注目されました。部屋子をとったのは、愛之助さんが自分の次世代についても考えだしたのでしょう。愛之助さんはそれまで、叔父の『片岡仁左衛門』を継ぐといわれていましたが、今は『愛之助』の名前を守りながら一門を大きくしていこうと考えているのでしょう」(前出・歌舞伎関係者)

 そんな愛之助を支えるべく、奔走する紀香の姿がたびたび垣間見えるという。

「愛之助さんは悪筆で有名でしたが、最近、後援会やファンに配る一筆書きがびっくりするほどきれいになったんです。それが紀香さんの字にそっくりなので、教えてもらっているんじゃないかともっぱらですよ」(愛之助のファン)

 結婚生活は順風満帆のようだ。

※女性セブン2019年2月28日号

関連記事

トピックス