• TOP
  • スポーツ
  • 原辰徳監督「内海と長野は巨人の“29番目の選手”だった」

スポーツ

2019.02.19 16:00  週刊ポスト

原辰徳監督「内海と長野は巨人の“29番目の選手”だった」

カネやんが原監督を直撃(撮影/山崎力夫)

 球団史上ワーストの4年連続V逸からの脱却を目指す巨人。球界の盟主再建を託され、宮崎キャンプ中の原辰徳・監督の元を、今年も“カネやん”こと金田正一氏が訪れた。選手として400勝、監督として日本一も成し遂げたカネやんを前に、3度目の就任となる名将・原監督も緊張の面持ち。大議論を巻き起こした功労者の放出と大型補強について、“直球質問”を投げ込んだ。

──4年ぶりに戻って来たキャンプはどうじゃ?

原:新鮮ですね。3年間、完全に休んでいましたから。

──追放されてたのか?

原:追放じゃないですよ。カネさん、それは違います。

──悪かった、冗談じゃ。引退だったな?

原:いきなり勘弁してくださいよ(笑い)。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス