国内

小室圭さん、「同級生の反旗」でVIP待遇に危機的状況も

VIP留学取り消しの危機か(共同通信社)

「御代がわりを控え、皇室全体が団結して次世代に向かおうとしている時、なぜ秋篠宮家は“自分のこと”ばかり考えているのでしょうか」

 ある宮内庁関係者は、不思議そうにそう漏らした。眞子さま(27才)と現在アメリカに留学中の婚約内定者・小室圭さん(27才)の結婚に向けたステップが膠着状態であることがきっかけで、秋篠宮家は今“試練の時”を迎えている。

「秋篠宮さまは、“眞子さまのお気持ちを優先する”というスタンスを崩していません。小室さんが金銭トラブルに関する文書を出した時も、眞子さまには伝えていたが、秋篠宮さまは寝耳に水。かなりショックだったことは想像に難くなく、“秋篠宮さまが最近おやせになられた”と心配する声が上がっています」(前出・宮内庁関係者)

 紀子さまは基本的に“秋篠宮さまのお考えに従う”という立場であるものの、「結婚行事の延期をリードしたのが紀子さまであるように、結婚にはかなり否定的」(皇室関係者)だとされる。

「佳子さまは、秋篠宮家全体の印象を損ねることや、眞子さまと小室さんが出会い、現在はご自身が籍を置いている国際基督教大学の評判を落としていること、ご自身の恋愛や将来にも影響があることなどで、納得のいかないご様子。仲がよかった佳子さまも眞子さまの心境を図りかね、“小室さんのこと”を口に出そうという気はないそうです」(前出・皇室関係者)

 一方で、渦中の小室さんは結婚を着々とたぐり寄せようとしている。

 秋篠宮さまは小室さんに“結婚の条件”の1つとして、「就職して経済的に安定すること」を挙げたとされる。小室さんは現在、米ニューヨークにあるフォーダム大学ロースクールに留学し、NY州弁護士の資格を取得すべく猛勉強中。今年7月の司法試験が、結婚に向けての大一番になる。

「フォーダム大学ロースクールの卒業生の合格率は、一昨年7月で93.4%、昨年7月で89.1%と超高確率です。難易度は日本の司法試験の比ではない」(法曹関係者)

 そんな中、小室さんを突如、奇怪な騒動が襲った。2月10日、「フォーダム大学ロースクールの2019年同期の友人一同」と名乗る設立者が、仮想通貨「コムロコイン」での出資を募る、怪しげな英語サイト(現在は運営停止され、一部は閲覧不可)を立ち上げたのだ。

 サイトにこんな文言が躍る。

《MAKE KOMURO GREAT AGAIN(小室を再び偉大にしよう)》

 これはドナルド・トランプ氏が2016年の米大統領選で連呼したスローガン「アメリカを再び偉大にしよう」をもじったものだ。ちなみに、トランプ氏もフォーダム大学のOB。

 サイトの文言を要約すると、「彼の夢を叶えるために基金で援助したいので、コムロコインを設立した。プリンセスの父(秋篠宮さま)が、彼との結婚を許してくれない。これは21世紀の日本版『ロミオとジュリエット』である」というもの。コムロコインを購入することで、基金に出資したことになり、小室さんを支援できるというシステムだそうだ。ただ、基金の使い途は、冗談のようなものが多い。

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン