• TOP
  • 芸能
  • 堀ちえみ、家族以外は面会拒否 舌がん手術後の状態は壮絶

芸能

2019.03.14 16:00  女性セブン

堀ちえみ、家族以外は面会拒否 舌がん手術後の状態は壮絶

友人にも明かせぬ本当の病状とは?

 穏やかな春の気配が漂う3月10日。都内の大学病院周辺を散歩して20日ぶりに陽光を浴びた堀ちえみ(52才)は、鳥のさえずりや花壇の花に接して「生きているんだなぁ」と実感したという。

 2月22日、11時間にわたる舌がん手術を受けて舌の6割を除去した堀は、3月6日からリハビリを開始した。

 3月9日のブログでは、しゃべりづらい状態ながら、病院内のコーヒーショップでアイスコーヒーを注文することができた喜びを綴り、《前向きに頑張る!》と決意を示した。だが、リハビリは決して楽な道のりではない。

「太ももの組織を採って舌を再建したようですが、嚥下機能は大きく低下。リハビリでは残った舌を動かしてモノをのみ込む訓練をします。また、舌の形が変わるので発声練習も苦労する。堀さんは頸部のリンパ節を除去しているため、しびれや痛みが出るのでそれらを緩和するマッサージも自分で覚えないといけない。最初は思うようにいかないものですが、リハビリを続けることが必要です」(医療ジャーナリスト)

 リハビリ初日、堀も発声と呼吸、嚥下を練習し、顔と首のマッサージ法を学んだ。なかでも舌を動かして、とろみのついたゼリーを喉の奥に押し込む嚥下の練習が難しく、何度繰り返しても喉の手前でゼリーが崩れてしまった。

 だが、翌日のブログに堀はこう記した。

《もたつく新しい舌を、一生懸命引っ張ってゼリーを追いかけて。そしてゴール(喉元へ)に向かって、シュート!》

 闘病に立ち向かう堀を支えるのは夫と7人の子供たちだが、家族以外とは「面会拒否」の日々が続いている。堀の40年近い、友人女性が語る。

「電話はできないと思ったのでメールを送っていますが、返事はありません。彼女と親しい人に聞くと、“今は家族以外と面会していない”と言われました。2番目の旦那さんも連絡がとれず、堀さんの病状をわかっていないそうなんです」

 別の知人女性も心配そうな表情でつぶやく。

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス