• TOP
  • ビジネス
  • 東レの営業部長が懲戒解雇、契約書偽造で架空取引15億円

ビジネス

2019.03.19 11:00  週刊ポスト

東レの営業部長が懲戒解雇、契約書偽造で架空取引15億円

東レのロゴマーク(時事通信フォト)

 日本を代表する大企業が「巨額の不正問題」に揺れている。幹部社員が「巨額の不正契約を交わしていた」というのだ。経緯を辿っていくと、いくつもの奇妙な点が浮かび上がってくる。ジャーナリストの伊藤博敏氏がレポートする。

 * * *
 発端は、2月12日に東レが公表したリリースだった。

〈当社の元従業員が、水処理システム装置の海外向け販売において、当社とは直接取引関係のない第三者に対して、当社の買戻義務や連帯保証義務を定めた書類を無断で作成し、それを交付した〉

 不正行為(有印私文書偽造と同行使等)を働いたとして、同社の水処理システム事業部の営業部長・F氏の懲戒解雇(昨年11月)も公表。〈刑事告訴を検討している〉と明らかにした。

 説明するまでもなく、東レは売上高2兆円を誇る日本最大の繊維・化学メーカーだ。榊原定征・前会長(現・相談役)は昨年5月まで経団連の会長を務めていた。

「不正契約」に関わった業者などに取材すると、不可解な金の流れがあった。

◆600万円で売り、700万円で買い戻す

関連記事

トピックス