• TOP
  • 国内
  • ドン・内田茂氏、影の司令塔として力を取り戻し小池都政追及

国内

2019.03.25 07:00  週刊ポスト

ドン・内田茂氏、影の司令塔として力を取り戻し小池都政追及

自民党の二階俊博幹事長(時事通信フォト)

 その会談は「ドンの復権」を見せつけた──。自民党きっての実力者、二階俊博・幹事長(80)がかつて「都議会のドン」と呼ばれた内田茂・元東京都議(80)に“手打ち”を持ちかけたのは都議会が紛糾するさなかの3月7日だった。

 場所は東京都内のホテル。会談は昼食を取りながら1時間ほど行なわれた。自民党都連関係者が語る。

「会談を呼びかけたのは二階さんからです。二階さんは来年の都知事選で小池百合子・都知事(66)の再選を『全面的に協力する』と発言し、都連の強い反発を浴びた。そこで事態収拾のために内田さんと、後継の都連幹事長の高島直樹・都議(68)を食事に誘って都連の怒りを鎮めようとした」

 内田氏といえば、長年、都議会に君臨し、“影の都知事”といわれる権勢を誇った。一地方議員ながらその力は中央政界にも及び、内田氏の夫人の葬儀(2015年)は安倍首相が自ら葬儀委員長を務めた。

 しかし、小池氏が登場すると「都政のブラックボックス」の象徴と批判を浴び、前回都議選(2017年)で引退、事実上、失脚したと思われていた。

 それがいつのまにか“大幹事長”の二階氏が助力を求めるほどの力を取り戻している。都議会は連日、自民党が小池都政を追及して大紛糾しているが、その“影の司令塔”として内田氏が存在感を強めている。

関連記事

トピックス