• TOP
  • 芸能
  • 上沼恵美子、姉と8年に及ぶ亀裂も母の介護契機に関係修復

芸能

2019.04.11 07:00  女性セブン

上沼恵美子、姉と8年に及ぶ亀裂も母の介護契機に関係修復

昨年7月、本誌の取材に応える上沼

 関西地方で抜群の知名度を誇る上沼恵美子(63才)が突然「姉との金銭トラブル」を告白した。かつて姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」として活躍した2人の間に入った亀裂は、8年間という長い期間に及んだという――。

都心から電車で揺られること1時間。下町の風情が残るこの地域は、「物価が安く住みやすい」として最近ファミリー層に人気だ。4月上旬、その町外れにある築30年を超える古びたマンションにひとりの小柄な女性が帰宅した。

 近所のスーパーの買い物袋を手にぶら下げ、スリムパンツにカットソーという軽装でゆっくり歩くこの女性は、海原万里(69才)。「西の女帝」と呼ばれる上沼恵美子の実の姉である。

「妹との金銭トラブルですか…」

 万里は本誌・女性セブン記者の質問を反芻すると、困惑した表情を浮かべてこう答えた。

「確かに恵美子からマンションの購入資金の一部をポンともらったり、コンサートの出演料をいただいたことはあるけど、ずっと仕送りをしてもらったわけじゃない。まるで“たかり”や“ゆすり”をしたかのように思われているんじゃないかと思うとね…」

 事の発端は、3月31日に放送された『上沼・高田のクギズケ! 放送400回SP』(読売テレビ)だった。ゲストの花田虎上(48才)が花田家の家族トラブルを話し始めると、司会の上沼がこう割って入った。

《私も姉とずっと仲がよかったわけじゃないんですよ。結婚してから貧富の差があったんで、ちょっと仲悪かったんです》

 その後、上沼は堰を切ったようにこうまくし立てた。

《お姉ちゃんのご主人もタレントさんやけど、あまり活躍できなかったので収入が薄く、ずっと助けてました。(中略)せやけど、その時にありがとうも、うんともすんとも2~3年言うてけえへんかったからムカッとして、仲の悪い時期が8年くらいありました》

◆姉が妹に漏らした「何か仕事ないかなぁ」

 上沼は17才で実の姉・万里と漫才コンビ「海原千里・万里」を結成し、売れに売れた。コンビで出した曲『大阪ラプソディー』の売り上げは40万枚と大ヒット。

 人気者の2人を取り巻く環境がガラリと変わったのは1977年。上沼が関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(72才)と、万里はコメディアンの夢大作(74才)との結婚を機に、コンビを解散して芸能界をスッパリと引退したことがきっかけだ。

 翌年、上沼は「専業主婦は耐えられない」と芸能界に復帰し、姑に対する愚痴などの本音トークで人気が爆発。関西の芸能界の“女帝”に君臨した。

 夫の真平さんもヒット番組を連発し、会社の要職を歴任するなど好調で、2008年に関西テレビの関連会社社長に就任した。現在、上沼夫婦は大阪屈指の高級住宅地にある、100坪・3階建ての豪邸で暮らす。

 一方の万里が歩んだ「解散後」は、上沼とは対照的だ。結婚して芸能界を引退した後、夫の実家のある静岡県浜松市の木造一戸建てに移り住み、その後都内に居を構えた。現在は自ら「3食昼寝付き芸能人」と称して主婦業を続ける傍ら、たまに上沼の番組にゲスト出演する。

 こうして姉妹の漫才コンビでデビューした2人には、気がつけば“貧富の差”が広がっていた。

関連記事

トピックス