国内

皇太子さまのお人柄、学食カレーや“エレベーターボーイ”

天皇皇后両陛下の優しくも厳しい教育を受けて、すくすくと育った皇太子さま(宮内庁提供)

 日本中が待ち望んだ4月1日の新元号発表。菅義偉官房長官(70才)が掲げた「令和」の2文字に、国民は釘付けとなった。

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている。夢や希望に向かって活躍する時代であってほしい」

 安倍晋三首相(64才)の言葉に、いよいよ新しい時代が始まるという期待を持った人も多いはずだ。

 そんな新元号を国民よりもわずかに先に知られたのが、5月1日に新天皇に即位される徳仁皇太子殿下だった。菅官房長官の発表直前に「令和」を伝えられた皇太子さまは、にこやかな表情を浮かべて「わかりました」とお答えになられたと報じられている。

 天皇陛下の退位まで残り十数日と迫った。新たな時代の「象徴」となる新天皇は、いったいどんな人物なのだろうか。笑顔を絶やされない皇太子さまのお顔はよく拝見するが、その素顔はあまり知られていない。さまざまな関係者たちの秘蔵エピソードから、皇太子さまのお人柄が浮かび上がってきた。

◆「皇室に新しい血が入ったのだ」と担当医を驚かせた幼児期

《あづかれる宝にも似てあるときは吾子ながらかひな畏れつつ抱く》

 皇太子さまは1960年2月23日にお生まれになった。自ら産んだ子でありながら、将来の天皇になることが約束されたわが子を抱かれる緊張感を、当時皇太子妃であった美智子さまはそう和歌に詠まれている。

 その一方で、「自分のお乳で育てたい」と、平安時代から皇室に続いていた「乳人(めのと)制度」をやめられ、ご自身で授乳されたことは驚きを持って大々的に報道された。

 すくすくと育った皇太子さまは、生後6か月で離乳期を迎える。それまでの皇族方は、みな一様に離乳が難しいといわれてきたが、小さなスプーンにのせられたすりおろしのトマトを侍医長が口に運ぶと、皇太子さまは何のためらいもなくのみ込まれた。

 担当医であった佐藤久東宮侍医長は大変に驚き、「皇室に新しい血が入ったのだ」と感じたという。

 その翌月、公務で長期間の訪米をすることになった美智子さまは、「人によってバラバラなしつけではいけない」という考えから、自分が不在のときでも、一貫した子育てが実践できるよう、子育て方法を記したノートを侍従や看護師に残された。

 浩宮徳仁親王の「徳」の一字から「ナルちゃん憲法」と名づけられたこの子育てノートは、世の母親の育児バイブルとして大反響を呼んだ。それまでの皇室には見られない家庭的で厳しい教育により、幼少時から皇太子さまは「公の精神」を育まれる。

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン