芸能

天皇陛下もファンを公言していた「柏原芳恵」の功績

1986年、コンサートで熱唱する柏原芳恵さんと浩宮親王(当時。写真:時事通信フォト)

 元号が平成から令和に移り変わり、新しい天皇陛下が即位されたことで、ある芸能人に注目が集まっている。1980年にデビューし、『春なのに』などのヒット曲で知られる柏原芳恵(53)だ。20代の頃の天皇陛下(当時の浩宮親王)は、柏原のファンを公言。1986年10月19日、新宿厚生年金会館で開かれたデビュー7周年リサイタルには、『プリンセス・サヤコ』というピンクの薔薇を東宮御所の庭から一輪切り取って持参し、プレゼントした。

 柏原といえば、中学2年生だった1979年10月、『スター誕生!』(日本テレビ系)決戦大会で最優秀賞を獲得。翌年6月1日、『スタ誕』の審査員である阿久悠氏の作詞、都倉俊一氏の作曲というゴールデンコンビの作品『No.1』でデビューを果たす(当初は『柏原よしえ』名義)。芸能研究家の岡野誠氏が話す。

「1980年の新人は粒ぞろいで、日本レコード大賞の新人賞には田原俊彦、松田聖子、河合奈保子、松村和子、岩崎良美が選ばれ、柏原は選考から漏れました。山口百恵が引退し、アイドル新時代の幕開けの中、最初から順風満帆というわけではありませんでした」

 デビュー2年目の1981年、『ハロー・グッバイ』で初のオリコンベスト10入りを果たす。当時の人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)では12月3日に7位で初めてランクイン。翌1982年1月28日まで8週連続で名を連ね、最高位4位に。同曲は、アグネス・チャンの『ハロー・グッドバイ』のカバー曲であることも話題になった。

『ハロー・グッバイ』のヒットもあり、1981年の日本レコード大賞では同期デビューの田原俊彦、松田聖子、河合奈保子と共に、『ゴールデン・アイドル賞』を獲得。前年、新人賞にノミネートされなかった悔しさ晴らした。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト