• TOP
  • 芸能
  • 樹木希林さん、浅田美代子主演作への演技指導にみる絆

芸能

2019.05.29 16:00  女性セブン

樹木希林さん、浅田美代子主演作への演技指導にみる絆

私財を投じてまで浅田主演の映画を作ろうとしていた樹木さん

 樹木希林さん(享年75)が制作に関わっていた『エリカ38』の撮影がスタートしたのは昨年2月のことだった。同作は、被害総額27億円、被害者は男性ばかりで120人超ともいわれる“つなぎ融資事件”の山辺節子被告(2017年4月逮捕)をモデルにした作品だ。山辺被告はタイで逮捕された。

 低予算のため撮影スケジュールは2週間ほど。1日も休みはなく、朝から晩まで撮影が続いたという。4日間のタイでのロケも敢行。浅田美代子(63才)はタイで本物の護送車に乗る撮影も行った。

 樹木さんもタイトなスケジュールに対応していたが、その頃、彼女の体調はかなり悪化していたという。なお、同作は、樹木さんが、山辺被告のニュースを見た時に「美代ちゃん、こういう役をやったらいいのに」と言ったのがきっかけで誕生したという。樹木さんは、私財を投じてまで浅田主演の映画を作ろうとしていた。それほど2人の関係は深いものだった。

「当初は今年に入ってからの撮影予定だったのですが、希林さんの意向で1年間前倒しになった。きっとご自身の体調のことがわかっていたんでしょうね。食欲も落ちていて、ずいぶんやせていた。それでも浅田さんのためなのか、自分の出番がほとんどない時でも、撮影現場に来ていました」(映画関係者)

 浅田が62才の誕生日を迎えた昨年2月15日、映画撮影は佳境に入っていた。スタッフがケーキを用意すると、樹木さんは“あの娘は~♪”と浅田の往年のヒット曲『赤い風船』を歌い出したという。

「希林さんに“ほら、美代ちゃん。あなたも歌いなさい”と促されて、浅田さんも口ずさみ始めたんですが、浅田さんの目には涙が光っていたそうです。毎年、浅田さんの誕生日には一緒に食事に行ったり、温泉に行ったりしていました。どちらかが忙しくて会えない時には、希林さんが留守番電話に“Happy Birthday”を歌ってくれていたとか。希林さんの体がいつまでもつか、という時期だったので、47年も一緒に過ごしてきた浅田さんには、万感の思いがあったのでしょうね」(スポーツ紙記者)

 映画撮影中、樹木さんは浅田に対して、演技指導も熱心に行っていたという。

「監督を差し置いて指導するようなことは、希林さんは絶対にしません。だから2人きりになった時に、自分が思ったことを伝えていたようです。特に注意していたのは“話し方”。人はそれぞれ知らないうちに話し方にクセがついているので、演じる上では、それを変えていかなければいけない。

 話し方から“浅田美代子を消す”ことで初めて、見ている人は浅田美代子を忘れて映画に入り込めるのだ、と。“下手くそ”なんて言いながら、繰り返しアドバイスしていたそうです。希林さんは親心として、浅田さんに“演技力”という無形の財産を遺してあげたかったのでしょう」(別の映画関係者)

 浅田はその女優魂をしっかりと受け継いだ。5月22日から5夜連続で放送されたドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)でも、病院の教授夫人会を“牛耳る”医学部部長の妻を演じた。

「いやらしく、ねちっこい女性を好演した。女優としてひと皮むけた印象で、今後は希林さんが演じていたような味のある“おばあさん”役もこなせるのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)

 樹木さんは天国で「下手くそね」なんて言いながら、浅田の熱演を微笑んで見守っているに違いない。

※女性セブン2019年6月6日号

関連記事

トピックス