• TOP
  • ビジネス
  • 就職活動 いまやライバルは「中国人留学生」になった

ビジネス

2019.06.04 07:00  NEWSポストセブン

就職活動 いまやライバルは「中国人留学生」になった

強力なライバルが増えている(時事通信フォト)

強力なライバルが増えている(時事通信フォト)

 2020年卒の就活シーズンは内定率が5割を超え、早くも佳境を迎えている。学生にとっては「売り手市場」と言われるが、近年は強力なライバルが増えている。それが中国人留学生だ。就活塾・キャリアアカデミーの宇佐川景子氏が、中国人留学生の強みをリポートする。

 * * *
 就活塾「キャリアアカデミー」には年間約100人の入塾者がいて、そのうち5~6人が中国人留学生です。彼らは日本の文化が好きで、留学先として日本を選んでいます。そんな彼らの能力は非常に高く、講義中、日本人学生達がたじたじになっている場面があります。講師の中には、「受講生を優秀な順に並べると、トップ3人は中国人です」と指摘する人もいるほどです。

 彼らの実績を見ても、外資系コンサルや優良グローバル企業など、有名企業の内定を早々に獲得します。今や日本人学生の強力なライバルとなった、中国人留学生。企業にとって、彼ら、彼女らの魅力はどのような点なのでしょうか。その強みを3つご紹介します。

【1】基礎学力が高い

 中国人留学生は、とにかく基礎学力が高いことが特徴です。日本とは比べものにならないほど過酷な中国の受験戦争の中で、幼い頃から詰め込み式教育を受けてきたため、知識量は日本人学生を圧倒しています。

 ある中国人留学生は「中国の受験戦争に耐えられなくなって日本に逃げてきた」と言います。それでも、日本国内屈指の難関国立大学を受験し、過去問も解かずにあっさり合格するレベルです。基礎学力が高い中国人留学生は、企業に入ってからの学習能力もあるだろうと期待されることになります。

【2】働くこと、生きることをよく考えている

 中国人留学生は、「働くこと」「生きること」についてより現実的に考えています。同年代の日本人学生と比べて、目的意識が強く、「自分が何をしたいか」がはっきりしています。ある中国人留学生は「日本の学生は日々流れてくるニュースを話題にするのが好きで、会話に意味がないから、日本人学生とはあまり話さない」と厳しいコメントをしていました。もっとも、日本人学生が恵まれている証拠とも言えるかもしれませんが。

関連記事

トピックス