• TOP
  • 国内
  • 元次官長男殺害 「引きこもりは恥」と考える親の問題点

国内

2019.06.05 16:00  女性セブン

元次官長男殺害 「引きこもりは恥」と考える親の問題点

息子を殺害した熊沢容疑者(写真/共同通信社)

 事件現場となった瀟洒な2階建ての邸宅は、区立小学校と隣接している。窓を開ければ運動場が目の前に広がる。それが問題だった。

 大声ではしゃぐ児童の声、リズミカルな音楽、マイクから響く競技紹介のアナウンス──6月1日の午後、運動会が出す“音”について、その邸宅に住む親子は激しい口論となった。

「うるせえんだよ! あの子供たち、ぶっ殺してやる!」

 殺気立つ息子に対し、父親は観念したように台所へと向かい、包丁を手にとった。そして意を決して息子の胸に突き立てた。もだえ苦しみ抵抗するわが子を何度も刺した。

 刺し傷は首や胸、腹など上半身に数十箇所にも及んだ。強い殺意がみられた。午後3時半、父親は自ら110番し「息子を刺した」とハッキリと伝えたという。

 元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76才)が東京都練馬区の自宅で、同居する長男の英一郎さん(44才)を刺殺した事件は、人々に複雑な感情を抱かせている。

「元次官は、川崎の事件の犯人と長男を重ねていました。取り調べに対し“息子が周囲に危害を加える恐れがあると思った”と供述していますが、その彼の体には長男に付けられたとみられるアザが無数にありました。元次官は“妻か私か、ほかの誰かが殺される前に殺すしかなかった”という趣旨の供述すらしているそうです」(捜査関係者)

 神奈川県川崎市で、20人殺傷事件が起きたのは5月28日。それからわずか4日後の悲劇だった。

 犯行後に自殺した岩崎隆一容疑者(51才)は、長期間引きこもり生活を続けていた。他人との接触を拒み、過去に近隣トラブルを起こしているなど、被害者となった英一郎さんとの共通点がセンセーショナルに報じられているが、岩崎容疑者とは異なる点もある。

 英一郎さんは都内の名門中高一貫校に入学しており、かつては東大法学部卒の父の背中を追っていたという。しかし、中学受験に成功後、歯車が狂い始めた。

関連記事

トピックス