• TOP
  • 芸能
  • 王者・日テレの苦境 長寿番組の視聴率低迷、ドラマも不作…

芸能

2019.06.19 07:00

王者・日テレの苦境 長寿番組の視聴率低迷、ドラマも不作…

視聴率が下落傾向に(日本テレビ)

 昨年まで5年連続で視聴率3冠王を続けている日本テレビに黄信号が灯り始めている。日曜20時台で20%超えもあった『世界の果てまでイッテQ!』がテレビ朝日系の『ポツンと一軒家』に抜かれ、比例するように前後の『ザ!鉄腕!DASH!!』や『行列のできる法律相談所』の数字も落ちている。下落は日曜だけに留まらず、他の曜日のゴールデン帯でも1ケタの番組が増え出している。テレビ局関係者が話す。

「かつて15%前後獲っていた土曜の『世界一受けたい授業』も最近は10%強の回が多い。同じく長寿番組である火曜の『火曜サプライズ』、木曜の『ぐるぐるナインティナイン』、土曜の『志村どうぶつ園』は最近、1ケタを記録した回もありました。4月改編でゴールデン帯唯一の新番組『衝撃のアノ人に会ってみた』は7%前後が多く、未だに1度も2ケタに届いたことがありません」(以下同)

 盤石の地位を築いていた日テレがなぜ、数字を落としているのだろうか。

「どんな名番組には寿命があって、何年も放送していると時代に合わなくなったり、ネタが尽きたりしてくる。でも、テレビ界全体が視聴率を落としている中では、新番組を始めるよりも知名度のある現状の番組名で、アレンジしていくほうが無難なんです。日テレはそれが上手かった。ただ、『ぐるぐるナインティナイン』は25年、『志村どうぶつ園』は15年、『世界一受けたい授業』は14年半、『火曜サプライズ』は10年とさすがに長寿番組になり過ぎたキライはあります。

 そのような局のマンネリを救うのが、3か月に1回変わるドラマなんです。しかし、日テレはドラマの大ヒット作をここ数年、生んでいない。テレ朝の『科捜研の女』や『相棒』のようなヒットシリーズもなく、毎クール出たとこ勝負の印象になっている。2015年4月には日曜22時30分からの1時間をドラマ枠にするなど改革を図り、革新的な作品も出ていました。しかし、今クールの『あなたの番です』も初回から1ケタが続いています。水曜22時『白衣の戦士』、土曜22時『俺のスカート、どこ行った?』も1話は10%台でしたが、2話以降は1ケタです。帯番組も『ZIP!』や『ヒルナンデス』が同時間帯の視聴率争いで3位になることもあり、徐々に下がっています」

コメント 4

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス