• TOP
  • 芸能
  • 萬屋錦之介 現代の役者が学ぶべき殺陣を支えた技術と哲学

芸能

2019.06.29 16:00  週刊ポスト

萬屋錦之介 現代の役者が学ぶべき殺陣を支えた技術と哲学

萬屋錦之介の殺陣へのこだわりとは

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、今年で二十三回忌となる往年の時代劇スター、萬屋錦之介さんが遺した言葉についてお届けする。

 * * *
 今回は、インタビューの叶わなかった伝説の名優の言葉を過去の著作から掘り起こしていく。

 萬屋錦之介は今年で二十三回忌となる、戦後を代表する時代劇スターだ。

 一九五四年に東映の「新諸国物語」シリーズで華々しく登場してアイドル的な人気を博した後、「一心太助」シリーズや『宮本武蔵』五部作などでスターとしても役者としても確固たる評価をされるようになっていく。

 その殺陣もまた見事だった。身体能力を活かした躍動感で魅せることもあれば、立ち姿や構えなどの様式の美しさで魅せることもできる。自伝『わが人生悔いなくおごりなく』(東京新聞出版局)で錦之介は、先輩スターたちの特徴を分析しつつ、東映時代に殺陣で意識していたことを次のように振り返っている。

「映画の殺陣に最初は戸惑ったのですが、歌舞伎との共通点はあります。いや、基本は歌舞伎にあると言っていいでしょう。

 まず足の運び。うまい人は決して無駄足を使いません。それから間(ま)。そのバランスによって立ち回りにリズムが生まれます。ただ速ければ良いというものではありません。

 足の運びでは、嵐寛寿郎さんのうまさに感服しました。動きがきれいだし、速い。

 刀の重さを感じさせたのは、月形龍之介先生。竹光が本身(真剣)のように見え、重量感がありました。剣だけでなく酒も強く、水のように飲み干す。古武士のような風格でした」

関連記事

トピックス