• TOP
  • 国際情報
  • トランプ氏が握る金正男Jr.の処遇 米朝決裂なら新指導者か

国際情報

2019.07.08 07:00  週刊ポスト

トランプ氏が握る金正男Jr.の処遇 米朝決裂なら新指導者か

板門店の北朝鮮側に立つトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ゲッティ=共同)

 電撃的かつ史上初となる米大統領の訪朝は、大阪G20の話題など一気に吹き飛ばす注目を集めた。しかし、笑顔の握手の裏側では米朝両国の熾烈な駆け引きがあった。

「会談が実現したことで、一番ホッとしているのは金正恩・朝鮮労働党委員長だったはずです。北朝鮮はそれだけ追い詰められていた」(北朝鮮ウォッチャー)

 G20閉会翌日となる6月30日、南北軍事境界線がある板門店でトランプ米大統領は金正恩と約50分間会談した。29日のトランプのツイッターでの呼びかけをきっかけとする“劇場型外交”に、なぜ金正恩は応じたのか。それは自身の窮状があったからだとされている。

「2017年に決議された(対北朝鮮制裁に関する)国連安保理決議案は、北朝鮮経済に深刻なダメージを与えたといわれている。経済制裁により北朝鮮の命綱である中国向け輸出は前年比で88%も減少しており、国内経済は破綻寸前になっているという分析も出ています」(ソウル特派員)

 こうした経済危機は金正恩体制をも揺るがしている。守旧派である朝鮮人民軍幹部たちが力を取り戻すなど、不安要素が拡大しているのだ。その中でも金正恩に不安を覚えさせているのが、米国側が握る“カード”だという。

◆ニューヨークで生活?

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス