• TOP
  • 芸能
  • ジャニー社長家族葬 木村拓哉が中居のために空けた隣の空白

芸能

2019.07.18 16:00  女性セブン

ジャニー社長家族葬 木村拓哉が中居のために空けた隣の空白

中居はジャニー社長が倒れた際、真っ先に病院に駆けつけたという(写真は今年6月)

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)の“家族葬”が7月12日、東京渋谷のジャニーズアイランドの稽古場で営まれた。ジャニーズ所属のタレントとジャニーズJr.など、150人が参列した。しかし、ジャニーズの現役タレントで家族葬に姿を見せなかった人がいる。中居正広(46才)だ。

「中居さんは、ジャニーさんが倒れたと聞いて真っ先に病院に駆けつけたうちの1人です。それほどジャニーさんへの思いが強い人が、家族葬に姿を見せないのはあまりに不自然に感じました」(スポーツ紙記者)

 記念撮影の場にいなかったのは中居だけではない。当日、大阪でコンサートをしたKis-My-Ft2は参加できなかった。

「嵐の櫻井翔さん(37才)もロケのためスイスにいて参加できませんでした。生田斗真さん(34才)や風間俊介さん(36才)など、仕事と重なり、午前中だけ顔を出したメンバーもいました。みんなドラマや地方の仕事など、30分も抜けられない事情で仕方なく欠席することになってしまった」(芸能関係者)

 確かに中居もその日はレギュラー番組『中居正広のニュースな会』とプロ野球『マイナビオールスターゲーム2019』(ともにテレビ朝日系)の仕事が入っていた。

「かなり過密なスケジュールだったことは間違いありません。ただ、事務所としては中居さんのスケジュールは最大限に優先する意向だったはず。中居さんも自分がメインの番組ですから、時間を調整して家族葬と記念撮影などに出ようとすれば出られたはず。櫻井さんも仕事の都合で家族葬には出席できませんでしたが、なんとか火葬場に駆けつけてほんの少しだけでいいからと、最後の別れを伝えたのに…。

 むしろ中居さんが出ないとどのようにいわれるかという影響力を考えれば、出席することこそ大人の判断だったのではないでしょうか。だからこそ中居さんが退所を決意したと報じるメディアもありました」(前出・スポーツ紙記者)

◆五輪の総合司会が途切れたから

 退所報道の根拠はそれだけではないという。7月5日、TBSの東京五輪関連番組の総合司会を安住紳一郎アナ(45才)が務めると発表された。

「それまでTBSの五輪中継といえば、中居さんがメインキャスターを務めてきました。2004年のアテネ五輪から昨年の平昌五輪まで、夏季、冬季合わせて足かけ14年続けてきたのです。しかし、それをわざわざこのタイミングでTBSが中居さんではなく“安住アナ”だと発表した。

 中居さんにはこれまで何度かジャニーズ事務所退所の報道がありましたが、東京五輪のメインキャスターを終えるまではそういった動きはないものとみられていました。ジャニーさんが倒れた後にこのようなことになったので、中居さんが何らかの意思表示をしたと見るのは当然のことでしょう」(テレビ局関係者)

車に乗り込む中居(写真は今年6月)

関連記事

トピックス