• TOP
  • 国内
  • 東京五輪での宿不足が心配、野宿や知人・親戚トラブル発生も

国内

2019.07.22 07:00  女性セブン

東京五輪での宿不足が心配、野宿や知人・親戚トラブル発生も

小池百合子都知事

 東京五輪の開幕まで、いよいよあと1年。8月中には、観戦チケットの「再抽選」受付が始まる予定だが、もしかすると「チケットは当たったけど、見に行けない」事態に陥ってしまうかもしれない。

「大会組織委員会が、IOC(国際五輪委員会)や各国の五輪委員会、競技団体の関係者向けに、会場周辺のホテルを約4万6000室も仮押さえしているんです。五輪を見にいくつもりでホテルを予約しようと思っても、“泊まれるホテルがない”という事態がすでに相次いでいます」(旅行代理店関係者)

 あくまで仮押さえであり、必要な部屋数が確定すれば空室が出る可能性はあるが、確定時期は「未定」というから、今は対処のしようがない。

 この「ホテル不足」は、あらゆるトラブルを引き起こしかねない。ボランティアスタッフとして大会に参加する50代の女性が、不安をこう口にする。

「マラソンなどは高い気温を考慮して、朝6時のスタートです。当然ですが、ボランティアスタッフの集合時間はもっと早い。泊まる場所は自分で用意するしかなく、なければ“野宿”するしかありません。夜とはいえ気温は高いでしょうし、ゲリラ豪雨の可能性だってある。ボランティアを辞退する人が増えるのでは?」

関連記事

トピックス