• TOP
  • 芸能
  • 蛍原徹 闇営業禍の裏で万馬券連続的中「運を使い果たした」

芸能

2019.07.31 16:00  NEWSポストセブン

蛍原徹 闇営業禍の裏で万馬券連続的中「運を使い果たした」

蛍原は幸運を呼び込んだ

蛍原はラッキーかアンラッキーか(時事通信フォト)

 吉本興業のお笑い芸人による闇営業問題を発端とした一連の騒動で、最も大きなとばっちりを受けた1人が、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の相方、蛍原徹(51)だろう。

 蛍原は、宮迫の謹慎以降、コンビで出演していた番組にも1人で参加。宮迫の謹慎→契約解除→撤回などドタバタが続く中、肉体的にも精神的にも厳しい状況に置かれているはずなのに笑顔で活動する姿は、視聴者の同情を誘っている。

 そんな蛍原が、今年に入って大きな幸運に2度も恵まれていた。7月21日には、MCを務めるカンテレ(関西テレビ)系の競馬番組『競馬BEAT』に生出演。愛知競馬のメインレース「中京記念」で、3連単(1~3着馬を着順通り当てる)を的中させた。払戻金は1万5690円となる万馬券。3連単では万馬券自体は珍しくはないが、この日は宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)の会見翌日で、騒動の中で「幸運舞い降りた」としてスポーツ紙などで報じられた。

 が、それだけではなかった。蛍原は、3月にも中京競馬で万馬券を的中させていたのだ。競馬番組関係者が語る。

「今年3月24日、中京競馬場で万馬券を当てて、470万円を手にしています。しかし、その後に相方の闇営業問題です。『今年はラッキーだと思っていたら、こんな大きなアンラッキーが来た』と落ち込んでいたそうです。たった4か月の間で2回も万馬券を当てたことで『運を使い果たした』と漏らしていたらしい」

 吉本をめぐる騒動はまだ落ち着きそうにないが、そろそろ蛍原の運はまた上向いてもよさそうだ。

関連記事

トピックス